Toronto News Letter

カナダからその生活の様子、趣味の音楽や映画についてを発信。 2011年に念願の家を購入してからはガーデニングに没頭しています!

Ruthie foster を含む記事

#私を構成する9枚

今日はすでに「週末の庭」を更新していますが、もうひとつ。
しかも久しぶりにガーデニングではない話を。

私はブログはずいぶん前からやっているのですが、ガーデニングにはまる前は主に映画と音楽の紹介をよくしていました。

で、インスタでフォロワーさんがやっていらした#私を構成する9枚というのが楽しそうだったので、私は何だろうと思ってやってみましたー。

これ、9枚だけ選ぶのってすごい難しいですよね。
私は特にすごい音楽好きなので、あれもこれも目移りしちゃう・・・

で、まずはこちら。
自分が聴く音楽と言う意味で影響を与えてくれたアーティストという観点、つまり一番メインの9枚かな、というもの。

IMG_20160202_133308

松任谷由実 Tears and Reasons 
The Gospellers Vol.4
SAKURA daylight 
川村結花 Lush Life 
Gloria Estefan Christmas Through Your Eyes 
Mariah Carey Music Box
Al Green Let's Stay Together
Sounds of Blackness Time for Healing
Ruthie Foster Crossover

順不同ですが、邦楽から。


松任谷由実さんは、多分私が一番最初にいいな、と思ったアーティストさんかと思います。
姉にカセットをダビングしてもらったなあ~(懐かしい)。

そして私が最初に買ったアルバムは彼女の曲が収録されている「魔女の宅急便」のサントラでした。
いくつかユーミンさんのアルバムは持ってましたが、多分一番よく聴いていたのがこのアルバムかな、と。
Dawn PurpleやLove Warsとかも聴いてたけど。あとはベスト盤。
今聴いてもやっぱりいいなーと思う曲多いです。



ゴスペラーズは、私の音楽史の中で一番影響を与えてくれたアーティストといっていいと思います。
というのはゴスペラーズを好きになって、彼らからソウルミュージックを教えてもらったから。
私は基本、女性シンガーが好きなのですが、彼らは特別。
アルバムはほとんど持ってますが、一枚選ぶとしたらこれ。
自分がはまったのがこの辺からだったので。

でも他にもいいアルバムはいっぱいありますよ。
世間のゴスペラーズのイメージってアカペラの綺麗なバラードって感じかもしれませんが、私はもっとアップビートのソウル的な感じの曲のほうが好きです。

このブログでもここなんかで書いたことがありました。



SAKURAさんも大好き。
彼女のことも姉から教えてもらいました。(ちなみにゴスペラーズも。姉からの影響大)
彼女は日本でまだJ-R&Bが流行る前からそういう音楽をやっていて、とにかく歌声も曲も大好き。

基本的には初期の頃のソウル溢れるアルバムが好きです。
他にも後にはウクレレとか使った優しい感じのアルバムも出してますが。
しばらく聴いていなかったこのアルバム、久しぶりに全曲聴きとおして、やっぱりかっこいいな~、と。
でもなかなか世間には浸透してないのかなー、よさが・・・

私のブログではここなんかで紹介してます。他のアルバムも紹介しているのでぜひ「SAKURA」で検索してみてください。



川村結花さんはなんと言っても切ない曲がもう最高です。
私、基本ピアノベースの曲に弱いんですよ。
彼女の曲はとにかく胸にしみます。
名曲たくさんですが、やはり一番よく聴いているこの一枚を。
でも最近一番のお気に入りは「エチュード」という曲です。
これも切ないよ。超おすすめ。

彼女のアルバムもこのブログで何度か紹介しています。



グロリア・エステファンは最近だとブロードウェイで彼女と旦那さんとのことがミュージカルになったりして話題になってますが、なんといっても私が洋楽で一番最初に興味を持ったアーティストが彼女なんですよ。
どういうきっかけだったかはもう忘れてしまったんですけどねー。

で、クリスマスのアルバム(笑)。
というのは多分これが洋楽で買ったアルバムの最初だった気がするから。
その後すぐに彼女の92年に出たグレイテストヒッツも買ってよく聴きました。

キューバ移民の彼女、その北米音楽への憧れって言う意味でも自分に重なるところがあったのかなあ。
あと彼女のルーツっぽいラテン的な曲も私には当時新鮮でした。
その後、かなりラテンミュージックに移行していったので、それからはまったく新作とかもチェックしていませんが、でも自分が洋楽好きになったスタート・ポイントとして彼女はやっぱり外せないかな、と思いまして。

ここここでも紹介してます。
ちなみに2番目のここ↑のリンクでは他のミュージシャンの事も書いています。



グロリアのすぐ次にはまったのがマライア。
いやー、やっぱりね、はじめ聞いたときの衝撃は忘れられないですよ。
この歌唱力!なんなんだ、この人は!と思いました。
アンプラグドもいいし、彼女のクリスマスアルバムも好きですが、やっぱりこれ。
でもセールスポイントだった高音で喉酷使しすぎて、後に明らかに声質が低下しちゃったのは残念。



アル・グリーンはいわゆるクラシック・ソウルの代表としてあげました。
ダニー・ハサウェイも大好きで、ずいぶん迷いましたが、やっぱりライブも観に行ったことのあるまだまだ現役の彼を。

私、ソウルミュージックも大好きで、本来は彼みたいなかなりスウィートな感じよりはもっとソウルっぽいオーティス・レディングみたいな感じの曲のほうが好きなんですけどね。
クラシック・ソウルだとやっぱりベストとかコンピレーション的に聴くことのほうが多く、ちゃんとアーティストのアルバムを何枚かきちんと聴いて、という意味ではやっぱりアルかなあ、と。

彼の代表曲でもある曲がタイトルになったこのアルバムだけでなく、最近のアルバムもいいですよ。

そしてプライベートでは牧師さんでもある彼。
彼のライブは、今まで行ったライブの中で一番愛に溢れたものでした。
そのライブのことはここで書いています。
彼のDVDについてはこちら



サウンズ・オブ・ブラックネスもソウルミュージックを探っていくと行き着くゴスペルミュージックを聞き始めた中で、いわゆるコンテンポラリー・ゴスペル・ミュージックとして一番よく聴いたので代表としてこの一枚を。

日本だとカーク・フランクリンとかのほうが有名ですけど、私はサウンズ・オブ・ブラックネスのこの洗練された感じもありつつ、ゴスペルのルーツのアフリカンな感じも残している彼らのほうがしっくりきたなあ。

その後、よりゴスペルっぽいグループなんかも聴きましたけど、今はちょっと遠ざかってます。
というのはカナダに移住してからはやっぱりクリスチャンじゃない自分がゴスペルを聴くということを考えたから。
もともとはゴスペルの音楽が好きというよりはゴスペルシンガーの声とか迫力のあるクワイアースタイルがかっこいいと思っていたわけで。
そういう意味で音楽的な部分では好きですが、もっと大きな意味で自分がもう一歩入り込めないところがあるなあ、とやはり感じ始めたから。
でも音楽という単純に「音」として楽しむにはおすすめです。



ルーシー・フォスターは日本では多分そんなに知られていないと思うんですが、ソウル・ミュージックも色々聴いて、ある意味ちょっと聴き飽きてきた感のあるときに出会ったアーティスト。
彼女はブルージーでフォーキーで、ソウルとはまた違ったかっこよさがあって大好き。
こういうブルーズ(日本ではブルースといいますが、英語ではブルーズと発音)的なギター弾き語り系も、結構好きなんですよ。
ルーシーはブルーズの哀愁もありながら、これまたすごいパンチの効いた声で、ソウルフルなんだ!

今回はブルージーさが濃いこのアルバムをあげましたが、彼女のソウルっぽさはRunaway SoulとかThe Phenominalなんかのほうがわかりやすいかと思います。
特にRunaway SoulのOcean of Tears Death Came A-Knockin'の2曲はすごいです。

このブログでも彼女のアルバムについて何度も紹介していますよー。

もちろん他にも紹介したいアーティストはたーっくさんいるんですけどね。
皆さんもこれ、どうですか、やってみると楽しいですよ。


****************

ランキングに参加しています。
よろしければ、下をクリックして下さい!

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村



Mattanja Joy Bradley : Music

かなり前にiTunesで試聴して気になりつつも、スルーしていたのですが、また他のアーティストのページから彼女のこのアルバムにたどり着き、今回は購入。

Mattanja Joy Bradley
'Wake Me Up'

Mattanja-Joy-Bradley-Wake-Me-Up

彼女のことは英語で検索してもほとんど情報がないな~、と思ったらオランダのシンガーでした。(なので上の彼女のオフィシャルサイトもオランダ語です)

でも曲は全て英語です。
聞いたところでは発音もばっちりなので、全然分からなかったわ~。

このアルバムは去年発売されたもの。

とにかく声がかっこよい。

一番好きなのはこの二つ↓

Hurricane


Beautiful Imperfection


どちらもライブヴィデオですが、アルバムで聴いてるのと同じくらいのクォリティ。
実力があるんでしょうね~。

どっちかと言うとアルバム全体を通してこういうエッジの効いたロック的な曲がそろっているのですが、こんなシンプルな曲もあるのですよ↓

Wash Me Momma



ちなみにアルバムの曲ではないですが、YouTubeでこんなのも見つけました。


こんなこと言うと怒られそうですが、私は彼女のバージョンのほうが好きだなあ。
私にはノラ・ジョーンズの声だとちょっとパンチが足りないので・・・
ここではこの曲がノラ・ジョーンズのオリジナルみたいに紹介されてますが、そうじゃないんですよね。

ちなみに私は大好きなRuthie Fosterのバージョンが好きです。
このアルバム↓に入っています。


私は普段はあんまりロックっぽい曲ってきかないですが、でもこのアルバムはどの曲もキャッチーで聞きやすいです。

mjb1

ほんと英語での情報が少ないのですが、彼女、エイミー・ワインハウスのライブのオープニングを務めたりもしたことがあるそうです。

Grace Potter & The Nocturnalsが好きな人というか、Grace Potterの声が好きな人なら気にいるんじゃないかなあ。

でも、女性シンガーでこういうのって、あんまりポピュラーじゃないかな?


***********************

ランキングに参加しています。よろしければクリックを↓
にほんブログ村 音楽ブログへ

にほんブログ村



ランキングに参加しています。
よろしければ、下をクリックして下さい!

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

 

久々の音楽紹介1

ずーっとガーデニングの事ばかり書いてきたので、このへんでちょっと休憩して、音楽について。
ここで紹介していなかったけれど、その間もかなりたくさん新しい(私にとって)アーティストの音楽を聴いています。

それをずらっと簡単に紹介しますね。
最近はもっぱらまた女性シンガーものばかりを聴いています。
こうやって並べると、最近はソウルミュージックからはちょっと離れていってる感じがするなあ~。


Rose Cousins
'We Have Made A Spark'

We Have Made a Spark
We Have Made a Spark
クチコミを見る

カナダ出身、今は確かアメリカ、ボストンを起点にして活躍しているシンガー。
シンプルだけれど、よい。





Caitlin Crosby & Jay Nash
'Crosby Skills & Nash'

カントリーっぽいけれど、私でも聴ける。これはEP。





Carolyn Wonderland
'Miss Understood' & 'Peace Meal'

Miss Understood
Miss Understood
クチコミを見る


Peace Meal
Peace Meal
クチコミを見る

以前、Ruthie Fosterの新譜を紹介した時にも動画で紹介した彼女。
この声、このギター。普段はこういうのあまり聴かないけれど、彼女はこのかっこよさ。参った。





Grace Potter & The Nocturnals
'Grace Potter & The Nocturnals'

Grace Potter & the Nocturnals
Grace Potter & the Nocturnals
クチコミを見る

ロック!なバンド。かなりパンチの効いた曲。聴いていて楽しい。切ない曲もありますよ。





Rae Morris
マイミクさんに教えてもらったイギリスの若いシンガー。
私好みのピアノベース。まだCDも発売されてないのかな??(イギリス国内では'iTunesで曲が買えたと思うのですが)。
彼女のオフィシャルサイトで曲が無料でダウンロードできます。


********************************************

ランキングに参加しています。よろしければクリックを↓
にほんブログ村 音楽ブログへ

にほんブログ村


Ruthie Foster 'Let It Burn' : Music

私が大好きなアメリカの女性シンガー、Ruthie Fosterの新譜がついこの間発売されました~。
その名も「Let It Burn」。

Ruthie




いや~、かっこいいです。前回のアルバム「The Truth According To Ruthie Foster」も悪くはなかったんだけれど、個人的にはあまりこれ!という曲がなかったんですが、今回のアルバムはいい!気に入りました!
まだ購入して数日しかたっていませんが、既に何度もリピートして何曲かもう頭の中でぐるぐるしてます。

一番気に入ったのはブラインド・ボーイズ・オブ・アラバマをフィーチャーした「Lord Remember Me」。素晴らしいです。

他にもザ・バンドの「It Makes No Difference」のカバーもルーシーらしい切ないサウンドで気に入りました。

ウイリアム・ベルと彼のヒット曲「You Don't Miss Your Water」をデュエットしたり、アデルの「Set Fire To The Rain」もカバーしてます。さすがに彼女が歌うとオリジナルとはまったく違ったような曲に聞こえます。

このアルバムは全体的にはカバー曲で構成されているんですね。ルーシーのオリジナルは2曲のみ、ということです。

初期の頃のギター弾き語り的なシンプルなアルバムも大好きだけれど、最近はいろんな音を加えて、いい意味で「大衆的」なサウンドになってきた感じがします。
それでも彼女のソウルフルでブルージーでパワフルなヴォーカルがメインというのはきちっと守り通されています。

前から言っているけれど、彼女、素晴らしいシンガーなので、ぜひみんなに聴いてほしいなあ~。


おまけにYouTubeでルーシーとCarolyn Wonderlandのライブ、素晴らしかったので↓




興味のある方は私が以前ルーシーのことを紹介した記事もどうぞ↓
「Runaway Soul」と「Stages」
「Full Circle」と「Crossover」
「The Phenomenal Ruthie Foster」
「The Truth According To Ruthie Foster」

Let It Burn
Let It Burn
クチコミを見る

音 : Rachael Yamagata, Roberta Flack, Ruthie Foster, Sara Bareilles

↓日系4世のアメリカ人シンガーソングライター。お父さんが日系でお母さんはイタリアとドイツ系の方だそうです。
これは2008年のアルバム。全体を通して、とにかく静かです。
アルバムの後半からロック色の強い曲が入ってきますが。
大体はピアノをベースとした作品で、秘めた情熱を感じさせます。
声は低めで歌い方によってずいぶん印象も変わります。

ちょっと前に紹介したCat Power (http://hanapring.blog.drecom.jp/archive/695)の歌い方にも似通った感じです。

「Faster」のビートなんかがかっこよくて好きです。

レイチェル・ヤマガタ/ エレファンツ/ティース・シンキング・イントゥ・ハート



↓有名なロバータ・フラック。今までこれまた有名なDonny Hathawayとのデュエット曲くらいしかきちんと聴いたことがなかったので、彼女のベスト盤を入手しました。

収録曲は以下↓
"Killing Me Softly with His Song"
"Where Is the Love"
"Feel Like Makin' Love"
"The First Time Ever I Saw Your Face"
"And So It Goes"
"Tonight, I Celebrate My Love"
"The Closer I Get to You"
"'Til the Morning Comes"
"Back Together Again"
"Making Love"
"Only Heaven Can Wait (For Love)"
"Set the Night to Music"
"You Are My Heaven"
"Oasis"
"Don't Make Me Wait Too Long"
"And So It Goes (Reprise)"
"Trade Winds"

彼女の声ってパンチはないですが、やっぱりきれいですね。もともとクラシックシンギングの教育を受けていたというのも頷けます。

私はやっぱり初期のヒット曲のほうが好きです。全体的にはソフトな感じの曲が多いですが、曲の内容なんかはけっこうユニークですね。

ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・ロバータ・フラック ■ ロバータ・フラック



↓私が今まで何度も紹介したRuthieの2009年の新譜です。
これも彼女のソウルフルな声とかっこいいバンドサウンドで彩られたアルバム。

出だしの「Stone Love」もかっこいいし、彼女が好きだというレゲエのアレンジを施した「I Really Love You」やアルバムタイトルにもなっている曲「Truth!」のメッセージのある歌詞もいいです。

彼女らしいサウンドの「When It Don't Come Easy」、「Love in the Middle」や
バンドサウンドがファンキーでクールな「Dues Paid in Full」、「Thanks for the Joy」など今回も聴きどころいっぱいの一枚です。おすすめ!

ザ・トゥルース ■ ルーシー・フォスター



↓デビューアルバム「Little Voice」で大人気になった彼女のライブ盤です。
個人的にはアルバムレコーディングのほうがいいな、と思いました。
オーティス・レディングの「(Sittin' On) The Dock Of The Bay」のカバーなんかを聞くのは面白かったけれどね。

ライブのバンド構成がもうちょっと豪華でもよかったんでない?と思うのだけれど。
バックのサポートがもう少ししっかりしていたらもっと深みのある感じになったかと。

SARA BAREILLES/BETWEEN THE LINES:LIVE AT THE FILLMORE (Blu-Ray) : サラ・バレリス/ビトウィーン・ザ・ラインズ:ライヴ・アット・ザ・フィルモア

あなたのは何色?

今まで私の生活に欠かせなかったMP3プレイヤー、もう数年間いろんなモデルを使い続けていましたが、
ついに、というか今さら私もiPodを入手しました!!

624825e9.jpg


嬉しい!

しかもただ。
というのはマイレージポイントを使ったから。

それしても、iPod、ほんとうに薄いね?。
まだ手に入れて数日ですが、どうも使い慣れてないせいか、使い勝手はあまりよろしくない気もするな・・・
iTunesから曲をSyncするのも、設定によってはこれ、毎回リフレッシュされて、1曲だけ追加とか、1フォルダだけ追加とかは出来ないの??
あと仕事場で使うとき、ポケットのない服を着ている日は普段ストラップで首から下げて使っていたんだけれど、iPodの最近のケースやスキンでは
ストラップホールつきって言うのもあまりないので、eBayで安いカバーを買うことに・・・
(私は一番最近のiPod nanoを入手)
普段MP3プレイヤーをかなり酷使してるので、カバーは必要だからいいんだけど。
日本ではもしかしたら売ってるのかな?こっちではあんまり見かけないんですが。

0cfafbe7.jpg


マイレージポイントでは色のセレクションはあまりなかったのですが、私は写真の通り、オレンジをセレクト。
もともとオレンジも結構好きだし、なかなか気に入りました。

皆さんもiPod、持っていると思うのですが、みなさんのは何色のiPodですか?

また最近のお気に入り曲などもあれば教えてくださ?い。

ちなみに私の最近のお気に入りは、私が最近紹介しているアーティストたちですが、
写真にも写っているHil St Soul(このジャケット写真はアルバム「Copasetik & Cool」)、Lizz Wright、Aimee Mann、邦楽では露崎春女、Keycoなど、
断然女性シンガーもの。

でもおうちのiTunesのTop 25 Most Played(私は家と会社で別々のiTunesを使っているので)上位5位は・・・

No.1 Tracy Chapman 「Give Me One Reason」
No.2 Ruthie Foster 「Crossover」
No.3 Ruthie Foster 「A Friend Like You」
No.4 Ruthie Foster 「Phenomenal Woman」
No.5 Beyonce 「Listen」 from Dreamgirls Soundtrack

という結果でした。よくシャッフルも使っているし、おうちのiTunesにはあまり曲を入れていないというせいもあるけれど、面白い結果でした。

アップルジャパン iPod nano 8GB O iPod nano 8GB OR


Sumajin Loop Silicon Case for iPod nano 4G/Pink[iPod nano 4G用ケース]

Ruthie Foster : The Phenomenal Ruthie Foster

Ruthie Foster : The Phenomenal Ruthie Foster

The Phenomenal Ruthie Foster


彼女のことはちょっと前にも2回にわたって紹介しましたが(下記参照)
Full Circle/Crossover
http://hanapring.blog.drecom.jp/archive/578

Runaway Soul/Stages
http://hanapring.blog.drecom.jp/archive/548

最近アルバムがついこの間発売されたばかり!これは私はまだ手にしていないのですが、近々購入予定。

今日紹介するのは2007年に発売されたアルバム。

今までのシンプルな構成のサウンドよりバンドのサウンドでより厚みを増した出来になっています。
はじめ聴いたときは、今までのシンプルなほうがいいな?、と思っていたのだけれど、何度も聞き返していくうちに、「ん?、やっぱりRuthieはすごい!」と
なりました。

0a735566.jpg


Maya Angelouの詩を歌にした「Phenomenal Woman」が何よりも素晴らしい!

YouTubeでライブヴァージョンをどうぞ↓
Phenomenal Woman
http://www.youtube.com/watch?v=MfYFroBf4yE

Ruthieが感情込めて歌い上げると、涙が出てきそうになるくらいです。

この曲から流れるように続くEric Bibbによる「A Friend Like You」のカバーも感動ものです。

c4b9cf81.jpg


いつもどおり、カバー曲が多いですが、どれもRuthie調になっているからさすが。

セルフカバーの「Heal Yourself」、これもバンドのご機嫌サウンドになっていますが、Wurlitzerピアノの音が最高!
彼女の茶目っ気がありながらも鋭い歌詞もいいです。

こちらも彼女のオリジナルの「Harder Than The Fall」。これは今まで親しんできたシンプルなギターサウンド。切ないです。

またまたYouTubeからライブヴァージョンを↓
Harder Than The Fall
http://www.youtube.com/watch?v=_I1_kq9ijiA

bf7ad46a.jpg


他にもたっくさんいい曲が詰まっています。おすすめ!新譜も聞くのが楽しみです!


★これが発売されたばかりの新譜↓

The Truth According to Ruthie Foster
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

hana

Clock

Toronto

最新コメント
Message
Instagram
Instagram
free counters
  • ライブドアブログ