Toronto News Letter

カナダからその生活の様子、趣味の音楽や映画についてを発信。 2011年に念願の家を購入してからはガーデニングに没頭しています!

Sakura を含む記事

#私を構成する9枚 その2

前回、#私を構成する9枚のメインを紹介しました。

が、これは今はもうあまり聴いていないというアーティストもあるので、自分の音楽史にそんなにインパクトを与えたというわけではないのだけれど、継続して聞きつつあるアーティスト、というか紹介したいなーというアーティストで番外編みたいなものも選んでみました。

で、見事に女性シンガーばかりになってしまいました(笑)。
普段、男性ものも聴いていないわけではないんですよ。
ないんですが、やっぱり何枚もアルバムを買って聴いてるか、と言われるとそういうアーティストが男性には非常に少ないのです。

それから前回すでに紹介したアーティストも省いています。

IMG_20160202_133408

Lizz Wright Freedom & Surrender
Ledisi Turn Me Loose 
Rose Cousins We Have Made a Spark
Lake Street Dive Bad Self Portraits
Sara Bareilles Little Voice
Shannon LaBrie Just Be Honest
Amy Grant Behind The Eyes
露崎春女 as I am  
Ms. Ooja Faith 



リズ・ライトはジャズとソウルの中間みたいな音楽なんですが、私ジャジーなのも嫌いじゃないんですよ。
 
これは彼女の最新作で、確か去年かな?リズ、日本公演も行っていましたけど、でも多分あまり知られてないんだろうなー。

ジャズと呼ぶほどの正統的なジャズっぽさはなく、ソウルと呼ぶほどのインパクトに欠けるのだけれど、だからダメと言うのではなくて、両方のよさをすごくいいバランスを持って出しているのが彼女。

彼女の低い声がね、心地いいんです。
彼女のアルバムはなんだかんだ言って全部持ってるんですよ。
Fellowshipというゴスペル色の強いアルバムもいいですよ。

 

レディシも日本ではどうなんだろう、最近は結構知られてきたのかな?
彼女はパンチの聞いた歌声がソウルフル。
結構何枚かアルバムを出しているのですが、一番よく聴いているのがこれ
ただここ2年くらいの彼女の新作はちょっと私好みでなくなって来たので聴いていませんが・・・
彼女のIt's Christmasというクリスマス・アルバムは私の中でのクリスマス・アルバムのベストです。
超かっこいいので、ソウルミュージックファンの方にはおすすめ。

 

彼女はカナディアン・シンガーです。
多分ほとんど知られていないと思う。
日本盤があること にびっくりしてますが・・・

ソウルミュージック大好きですが、いつもそういうのばっかり聞いてるわけではなく、シンガーソングライター系も大好きです。
彼女も曲もルーシー・フォスターに通じるものがあって、ブルージーで切ない。
他にも何枚かアルバムを出しているのですが、私が聴いてるのはほとんどこれ一枚。
最初のThe Darknessなんかのかっこよさも素敵です。

ここここで少し紹介しています。


Bad Self Portraits
Lake Street Dive
Signature Sounds
2014-02-18


Lake Street Diveは他のアーティストに比べると聴いている年数は短いのですが(彼ら自体がまだそんなにキャリアがすごく長いと言うわけではないので)・・・

彼らのJackson 5のI Want You Backのカバーが素晴らしくて、それはFun Machineというアルバムで聴けます。(私もこのブログで紹介したことがあります)
でもその次に出たこのアルバムが彼ららしさがよくわかると思うので、こちらをおすすめ。

ちなみに彼らのライブにも行ったことがあります。
ライブもよかったよ!

彼ら、新しいアルバムが今月出るんですよねー。楽しみ!


little voice
sara bareilles
epic
2008-05-30


私、ポップミュージックも嫌いじゃないんですよ。
彼女は最近はミュージカルの曲なんかも書いていて、それをまた自分で歌ったアルバムなんかも出してますねー。
私もなんだかんだ言って彼女のアルバム、ほとんど持ってます。
新譜はまだだけど、気にはなってます。

どちらかというとポップな曲のイメージが強いですが、私は彼女のピアノバラードが好きで。

ただこのアルバムはかなりポップ調が強いですけどね。
もうちょっと大人な感じだとBlessed Unrestのほうがおすすめ。

 
Just Be Honest
Shannon Labrie
Zodlounge Music
2013-02-05


彼女、日本では多分ほとんど知られてないと思うんですが、私は好きなんですよ。
ロックな曲もあればブルージーな感じ、ソウルな感じもあってなかなかいいです。

ソウルミュージックはちょっと濃くて近づきがたい、でもポップじゃちょっと子供っぽいかな?と思っているかたにぜひおすすめ。

私もここで紹介してます。 


Behind the Eyes
Amy Grant
A&M
1997-09-09


エイミー・グラントってゴスペル(と言ってもいわゆる黒人霊歌といわれるではなく、クリスチャン・シンガーと言う意味での)シンガーとしても有名なようですが、私、彼女の声、結構好きなんですよ。

でも持ってるアルバムはすごく少ないし、他のアルバムを聴いても「んん?」と言う感じになることも多いのですが、なぜかこのアルバムだけは大好き。

私、ロードムーヴィーみたいな感じの音楽(っていってもわからないかなー)も好きでして、アコースティック(ちなみに英語だとアクースティックと発音します)・ギターのちょっと乾いた哀愁のあるブルージーな感じの曲に惹かれます。

で、このアルバムは基本ギターメインですごくシンプル。
シンプルなんだけど、そのシンプルさがよいんです。
こういうアルバム、また作ってくれないかなー、エイミー。


as I am
露崎春女
ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ
2000-01-26


露崎春女さんもSAKURAさんと同じく、J-R&Bが流行る前からそういう音楽をやってきてたアーティスト。

実は今はそんなに聴いてはいないのですけれど、でもやっぱり今でも気になるし、何曲かずっと聞き続けている曲があります。

歌はうまいけど、なかなかよさが伝わりきってない感じがしますけどねー。
曲がもうちょっと、なのかな・・・
私も音楽はいいけど、歌詞がなー、とか言う曲がたくさんあります。

Lyrico時代もあり、音楽的にもなんだかちょっと定まりきらないところがあるからというのもあるのかなー。

私は彼女の初期のソウルっぽい感じが好きだったんですが、今聴くと、まあちょっとどうしても真似してる感や背伸びした感じもなくはないんですが、当時は「かっこいい!」と思いましたよ。

英語で歌ってるアルバムなんかもあるんですが、変に背伸びしてなくて彼女らしい名と感じるこのアルバムが一番よく聴いたので。

最近も一人アカペラのアルバムを出したりしてるそうで、気になるんですがまだチェックしていません。

一番最近のでいいなと思ったのは13yearsというアルバムかなあ~。


FAITH
Ms.OOJA
ユニバーサル シグマ
2013-06-12


Ms.OOJAさん、ミス・オオジャって読むそうですが、英語だとMs.ってミスではなく「ミズ」。
ミスとよびたかったらMissと書きますが、まあそんなことは日本にいる皆さんにはどうでもいいですかねえ~。

海外に住んでいるので、基本洋楽を聴くことのほうが多いのですが、やはりたまに日本語の曲が聴きたくなります。
しかも、自分がすでに持っているものを聴きかえすのではなく、新しいのが聴きたくなる。

とはいえ、日本にいないし、何が流行ってるのかもわからないし、大体流行りの音楽が自分に合ったためしがあまりないので、地道にiTunesなどで視聴して好みの声や音のアーティストを探す、ということをします。

その中でいいな、と思ったのが彼女。
今日本ではもうJ-R&Bとかいわなくてもいいくらいそういう音楽がたくさん出ているみたいですが、はっきりいうと、バックグラウンドがそうなのであって、声や実際の音楽としてソウルフルなアーティストって本当に少ないと思います。

彼女もまあソウルフルと言うほどのパンチはないし、いかにも今時のシンセがすごい曲とかもあるんですが、でも彼女のバラード、いいです。
あとラブソングだけじゃなくて、結構いいメッセージソングとかもあるし。

アルバム何枚か買いましたが、いろいろいい曲が入っていると言う意味ではこのアルバムをおすすめします。

私の好きなゴスペラーズとも、結構交流があるということが後に判明。
こういう風に自分の知らないところでつながってるのは嬉しい。

ちなみにここに入れようかどうしようか迷った日本人アーティストが結構います。
福原美穂さんとか、彼女は声がソウルフル!でもやっぱり曲がいまいちなのかなー、と思います。
歌は文句なしにうまいから、もうちょっとその彼女のよさを活かせる曲を持ってこれたらいいと思うんだけど、日本では彼女みたいな声は流行らないのかな・・・

Leyonaさんも好きで、アルバム何枚か持ってますが、ここに入らず。でもいいよ。おすすめ。

あと玉置浩二さんとかもすきなんですよ、実は。
Cafe Japanというアルバムが最高です。

そして具島直子さん、尾崎愛さんとか、多分知っている人がものすごく少なそうなアーティストも・・・

ポピュラーなところだとMisia、古内東子さんなんかも昔はよく聴いたなあ~。



・・・と結局やっぱり音楽のこと話し出すと止まらなくなってしまいます~。

皆さんのおすすめアーティストなども教えてくださいね!


***************

ランキングに参加しています。
よろしければ、下をクリックして下さい!

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村
 

#私を構成する9枚

今日はすでに「週末の庭」を更新していますが、もうひとつ。
しかも久しぶりにガーデニングではない話を。

私はブログはずいぶん前からやっているのですが、ガーデニングにはまる前は主に映画と音楽の紹介をよくしていました。

で、インスタでフォロワーさんがやっていらした#私を構成する9枚というのが楽しそうだったので、私は何だろうと思ってやってみましたー。

これ、9枚だけ選ぶのってすごい難しいですよね。
私は特にすごい音楽好きなので、あれもこれも目移りしちゃう・・・

で、まずはこちら。
自分が聴く音楽と言う意味で影響を与えてくれたアーティストという観点、つまり一番メインの9枚かな、というもの。

IMG_20160202_133308

松任谷由実 Tears and Reasons 
The Gospellers Vol.4
SAKURA daylight 
川村結花 Lush Life 
Gloria Estefan Christmas Through Your Eyes 
Mariah Carey Music Box
Al Green Let's Stay Together
Sounds of Blackness Time for Healing
Ruthie Foster Crossover

順不同ですが、邦楽から。


松任谷由実さんは、多分私が一番最初にいいな、と思ったアーティストさんかと思います。
姉にカセットをダビングしてもらったなあ~(懐かしい)。

そして私が最初に買ったアルバムは彼女の曲が収録されている「魔女の宅急便」のサントラでした。
いくつかユーミンさんのアルバムは持ってましたが、多分一番よく聴いていたのがこのアルバムかな、と。
Dawn PurpleやLove Warsとかも聴いてたけど。あとはベスト盤。
今聴いてもやっぱりいいなーと思う曲多いです。



ゴスペラーズは、私の音楽史の中で一番影響を与えてくれたアーティストといっていいと思います。
というのはゴスペラーズを好きになって、彼らからソウルミュージックを教えてもらったから。
私は基本、女性シンガーが好きなのですが、彼らは特別。
アルバムはほとんど持ってますが、一枚選ぶとしたらこれ。
自分がはまったのがこの辺からだったので。

でも他にもいいアルバムはいっぱいありますよ。
世間のゴスペラーズのイメージってアカペラの綺麗なバラードって感じかもしれませんが、私はもっとアップビートのソウル的な感じの曲のほうが好きです。

このブログでもここなんかで書いたことがありました。



SAKURAさんも大好き。
彼女のことも姉から教えてもらいました。(ちなみにゴスペラーズも。姉からの影響大)
彼女は日本でまだJ-R&Bが流行る前からそういう音楽をやっていて、とにかく歌声も曲も大好き。

基本的には初期の頃のソウル溢れるアルバムが好きです。
他にも後にはウクレレとか使った優しい感じのアルバムも出してますが。
しばらく聴いていなかったこのアルバム、久しぶりに全曲聴きとおして、やっぱりかっこいいな~、と。
でもなかなか世間には浸透してないのかなー、よさが・・・

私のブログではここなんかで紹介してます。他のアルバムも紹介しているのでぜひ「SAKURA」で検索してみてください。



川村結花さんはなんと言っても切ない曲がもう最高です。
私、基本ピアノベースの曲に弱いんですよ。
彼女の曲はとにかく胸にしみます。
名曲たくさんですが、やはり一番よく聴いているこの一枚を。
でも最近一番のお気に入りは「エチュード」という曲です。
これも切ないよ。超おすすめ。

彼女のアルバムもこのブログで何度か紹介しています。



グロリア・エステファンは最近だとブロードウェイで彼女と旦那さんとのことがミュージカルになったりして話題になってますが、なんといっても私が洋楽で一番最初に興味を持ったアーティストが彼女なんですよ。
どういうきっかけだったかはもう忘れてしまったんですけどねー。

で、クリスマスのアルバム(笑)。
というのは多分これが洋楽で買ったアルバムの最初だった気がするから。
その後すぐに彼女の92年に出たグレイテストヒッツも買ってよく聴きました。

キューバ移民の彼女、その北米音楽への憧れって言う意味でも自分に重なるところがあったのかなあ。
あと彼女のルーツっぽいラテン的な曲も私には当時新鮮でした。
その後、かなりラテンミュージックに移行していったので、それからはまったく新作とかもチェックしていませんが、でも自分が洋楽好きになったスタート・ポイントとして彼女はやっぱり外せないかな、と思いまして。

ここここでも紹介してます。
ちなみに2番目のここ↑のリンクでは他のミュージシャンの事も書いています。



グロリアのすぐ次にはまったのがマライア。
いやー、やっぱりね、はじめ聞いたときの衝撃は忘れられないですよ。
この歌唱力!なんなんだ、この人は!と思いました。
アンプラグドもいいし、彼女のクリスマスアルバムも好きですが、やっぱりこれ。
でもセールスポイントだった高音で喉酷使しすぎて、後に明らかに声質が低下しちゃったのは残念。



アル・グリーンはいわゆるクラシック・ソウルの代表としてあげました。
ダニー・ハサウェイも大好きで、ずいぶん迷いましたが、やっぱりライブも観に行ったことのあるまだまだ現役の彼を。

私、ソウルミュージックも大好きで、本来は彼みたいなかなりスウィートな感じよりはもっとソウルっぽいオーティス・レディングみたいな感じの曲のほうが好きなんですけどね。
クラシック・ソウルだとやっぱりベストとかコンピレーション的に聴くことのほうが多く、ちゃんとアーティストのアルバムを何枚かきちんと聴いて、という意味ではやっぱりアルかなあ、と。

彼の代表曲でもある曲がタイトルになったこのアルバムだけでなく、最近のアルバムもいいですよ。

そしてプライベートでは牧師さんでもある彼。
彼のライブは、今まで行ったライブの中で一番愛に溢れたものでした。
そのライブのことはここで書いています。
彼のDVDについてはこちら



サウンズ・オブ・ブラックネスもソウルミュージックを探っていくと行き着くゴスペルミュージックを聞き始めた中で、いわゆるコンテンポラリー・ゴスペル・ミュージックとして一番よく聴いたので代表としてこの一枚を。

日本だとカーク・フランクリンとかのほうが有名ですけど、私はサウンズ・オブ・ブラックネスのこの洗練された感じもありつつ、ゴスペルのルーツのアフリカンな感じも残している彼らのほうがしっくりきたなあ。

その後、よりゴスペルっぽいグループなんかも聴きましたけど、今はちょっと遠ざかってます。
というのはカナダに移住してからはやっぱりクリスチャンじゃない自分がゴスペルを聴くということを考えたから。
もともとはゴスペルの音楽が好きというよりはゴスペルシンガーの声とか迫力のあるクワイアースタイルがかっこいいと思っていたわけで。
そういう意味で音楽的な部分では好きですが、もっと大きな意味で自分がもう一歩入り込めないところがあるなあ、とやはり感じ始めたから。
でも音楽という単純に「音」として楽しむにはおすすめです。



ルーシー・フォスターは日本では多分そんなに知られていないと思うんですが、ソウル・ミュージックも色々聴いて、ある意味ちょっと聴き飽きてきた感のあるときに出会ったアーティスト。
彼女はブルージーでフォーキーで、ソウルとはまた違ったかっこよさがあって大好き。
こういうブルーズ(日本ではブルースといいますが、英語ではブルーズと発音)的なギター弾き語り系も、結構好きなんですよ。
ルーシーはブルーズの哀愁もありながら、これまたすごいパンチの効いた声で、ソウルフルなんだ!

今回はブルージーさが濃いこのアルバムをあげましたが、彼女のソウルっぽさはRunaway SoulとかThe Phenominalなんかのほうがわかりやすいかと思います。
特にRunaway SoulのOcean of Tears Death Came A-Knockin'の2曲はすごいです。

このブログでも彼女のアルバムについて何度も紹介していますよー。

もちろん他にも紹介したいアーティストはたーっくさんいるんですけどね。
皆さんもこれ、どうですか、やってみると楽しいですよ。


****************

ランキングに参加しています。
よろしければ、下をクリックして下さい!

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村



Happy!

ただいま会社にて、ブレイク中です。

今日はすごいいい天気!

私の大好きなシンガー、SAKURAさんの「Good Love」がものすごくはまる陽気。

 

SAKURA/GOOD LOVE
SAKURA/GOOD LOVE
Yahoo!ショッピング(ヤフー ショッピング)

 

今朝仕事しながらこの曲聞いてたら、手を叩いて踊りだしたくなったよ~。

私の部屋には窓がなくてお日様を浴びることができないけど。

社内は暖房効き過ぎて暑くて、気持ち悪いけど。

 

でもHappy!

 

やっぱりSAKURA姉さんの曲からはいつも元気をもらってます。

 

YouTubeでこの曲が見つからなかったので、ここ→http://www.tsutaya.co.jp/works/20135719.htmlで視聴できます。

Sakuraさんのアルバムをたっくさん買った!

ここ最近、私は邦楽をよく聴いていて、といっても持っている邦楽はものすごく限られているので、それを繰り返し聞いていたわけですが、

その中でやっぱりいいな~って思うのがSakuraさん!

 

Sakura
http://www.singer-sakura.com/index

 

すでに何枚もの彼女のアルバムは持っていたのですが、まだまだ全部そろえていたわけではなく、ここに来て、もっとSakuraさんを聞きたい!と思って、iTunesで購入!やったね!

 

今回買ったのが以下のアルバム6枚とシングル2枚。 

といっても、アルバムは重複している曲がかなりあるし、かいつまんで買ったりもしてますが・・・

 

アルバム (数字は発売年)
Love On Wings 1999

The star XVII  2002
pua nani 2003
Lana 2004
Your Favorite Sakura 2004

Soul Collection 2005

シングル
街の灯り 2008
I love You ~優しく漂う愛のそよ風 2008

 

 

一枚一枚ずつきちんと紹介すると大変なことになるので、さらっといきますが、全体的にはSakuraさんの音楽の幅っていうもののすごさを改めて感じました。

 
Love On Wingsでは「Pajaro del Paraiso(パハロ デル パライソ)」でボッサな感じを聞かせてくれたかと思うと、「BACK TO BACK」なんかはかっこいいロック!

 

EMIミュージック・ジャパン  SAKURA/LOVE ON WINGS
EMIミュージック・ジャパン SAKURA/LOVE ON WINGS
Yahoo!ショッピング(ヤフー ショッピング)

 

The star XVIIは正直、テクノ、トランス系で私はちょっと聴くのが苦しいですが、それでもこういうのを作れちゃうってところがすごい、と思う。

 

それでも「Come back to me」や「光の海」なんかは彼女らしい素敵な曲です。

 

SAKURA/The star XVII
SAKURA/The star XVII
Yahoo!ショッピング(ヤフー ショッピング)

 

pua nani では今回買った中で多分一番お気に入りの「GOOD LOVE」なんかものすごいご機嫌チューン!

 

やっぱり私はシンセでマニピュレートされている曲より、こういう生の音とホーンが絡んだのが好きだな~。

 

そしてこの曲は彼女のバックヴォーカルのアレンジも光る素晴らしい曲。

青空にどこまでも伸びて広がっていくような爽快なサウンド、聴いているだけでわくわくしてきます。

 

ソウル・シンガーとしての彼女よりも、関西弁を歌に取り入れた「LOVE 4 REAL」なんかで彼女の事を知っている人も多いと思うんですが、この曲もpua nani に入っています。

 

このアルバムでのもう一つの目玉で、個人的に「やっぱりSakuraさん、すごい!」と思わせてくれたのが「ipo」。

 

これは沖縄の三線かな?を使った、実に「和」な曲。

 

NUUさんの素敵な詞とSakuraさんの歌いまわしも、びっくりくらいしっくりして、ソウルシンガーって言われながらも、こんな曲もさらっと歌えちゃう、しかもすごくかっこいいっていうのが、もうやっぱり「すごい」のです。

 

SAKURA/pua nani(CD) ◆15%OFF!
SAKURA/pua nani(CD) ◆15%OFF!
Yahoo!ショッピング(ヤフー ショッピング)

 

Lanaはかなりさわやかで、サウンドもビーチ、ハワイアン的な感じで、ちょっとかわいらしすぎる歌い方がひっかかるんですが、

でも「言の葉」は素晴らしい。歌詞もいいし、メロディも切ない。

 

「Do it!」も彼女らしい曲だし、「heart&soul」も優しいメロディがいいな~。

 

SAKURA/Lana(CD) ◆15%OFF!
SAKURA/Lana(CD) ◆15%OFF!
Yahoo!ショッピング(ヤフー ショッピング)

 

Your Favorite Sakuraはいわゆるベスト的なものなんだけれど、いろんな別バージョンで聴きなれた曲が聴けるのがうれしい!

 

「I believe」のサウンドもいいし、「Only For You」も気に入った。

 

「何を思うんだろう…」もこれまた切なくて、Sakuraさんって私の中ではソウルシンガーというだけでなく、しっとり切ないバラードも素晴らしいと思っていて、こういう曲は本当にうまいです!

 

「Mama's Love」は2000年の「daylight」に入っていた「Sakura's Testimony」のメロディを進化させた、息子さんのかわいい声も入った曲なんですが、この曲の彼女の声に圧巻!

もともとこのメロディ大好きだったので、ここでこうして聴けて嬉しいです。

 

続く「Oh I...」も同じく「daylight」にも入っていた曲で、私も大好きな曲ですが、このアルバムのバージョンも、彼女の歌い方がバージョンアップした感じで、聞いていてちょっと泣きそうになるくらいの素晴らしさ!

 

アレンジとかは別にすごく変わっているわけでもないんだけれど、やっぱり彼女の声の力というのをものすごく感じさせてくれる曲なんだな、と改めて思いました。

 

「Someday Somehow」と言う曲はあまり今までの彼女とは違った感じのメロディですが、こういうストレートな感じもいいな~。

 

他にもこのアルバムは「SOUL MATE」や「LOVE 4 REAL」の別バージョンも収録されていてまた違った感じなので、おすすめの一枚!

 

東芝EMI  SAKURA/Your Favorite SAKURA
東芝EMI SAKURA/Your Favorite SAKURA
Yahoo!ショッピング(ヤフー ショッピング)


 
Soul Collectionはかなりダンス、ハウスっぽい味付けになっているので、私はあんまり聴いていないんですが、懐かしい「So Free」やDonny Hathawayのカバー「Love Love Love」なんかもあったので、つい買ってしまった・・・

 

SAKURA/Soul Collection(CD)
SAKURA/Soul Collection(CD)
Yahoo!ショッピング(ヤフー ショッピング)

 

 

そしてシングル「街の灯り」は関西電力のCMとして使われていたそうですね。堺正章さんが歌った1973年に発売された曲。

いや~、この曲も、文句なく素晴らしいです。タイトル通り、きれいな青紫にポッと黄色い柔らかな小さな灯りがともっていくような感じが浮かんできます。

 

 

もうひとつ「I love You ~優しく漂う愛のそよ風」は彼女の2009年に発売された最新アルバム「REAL LOVE」にも入っていましたが、これはアルバムバージョンだったので、シングルバージョンが聞きたくて購入。シングルバージョンはもっと優しい入り方なのね。私はアルバムバージョンのほうが好きですが、こっちもなかなかいいです!

 

 

いつもいつも言っているけれど、こんなに素晴らしいアーティストが注目されないっていうのはどうしてなんだろ~?

ぜひみんなに聴いてほしいです!

Japanese Female Singers : Music

今日は邦楽女性シンガーたちのアルバムを紹介!

Keyco 「Walk in Romantica」
http://www.keyco.jp/

Keyco/Walk in Romantica(CD)
Keyco/Walk in Romantica(CD)
Yahoo!ショッピング(ヤフー ショッピング)


 
2009年に発売されたアルバムです。
彼女のことはデビュー・シングル「晴れ」で好きになって、アルバムもこれ以外2枚ほど持っていますが、これは今までとはちょっと違ったKeycoが聞けておすすめ!

ちょっと懐かしい感じのサウンドとソウルが混ざり合っています。

彼女はなかなかいい詞も聞かせてくれますが、今回一番いいな、と思ったのが「夢の途中」。彼女独特の歌いまわしというか、歌詞の歌い方とかももう耳に馴染んできて、

堂々とした「Keycoらしさ」を見せてくれています。
でも多分あんまり知られていないんだろうね・・・


AI  「BEST A.I.」
http://www.universal-music.co.jp/ai/

【在庫あり】CDアルバムBEST A.I. AI/アイベストアルバム ベスト盤BEST盤ベスト版映画主題歌ドラマ主題歌
【在庫あり】CDアルバムBEST A.I. AI/アイベストアルバム ベスト盤BEST盤ベスト版映画主題歌ドラマ主題歌
Yahoo!ショッピング(ヤフー ショッピング)



前からずーっと気になっていたんです、彼女。それでこの前の帰国時に買ってみました。

実はこのアルバムを買うまで彼女の歌を聞いたことがなかったんで、「ソウルフルな」シンガーだってことを聞いていただけで、実際はどうなんだろ?と思っていたんですが、

思っていた以上に押さえた声しているんですね。

歌はうまいですが、もうすこしこう突き上げる感じで歌ったら、もっと歌のうまさが際立つんじゃないかな、と思いました。

あとは歌詞は結構メッセージソング的なものが多いのかな?それにはとても好感が持てるんですが、でも言い回しとかが、私好みじゃなかった・・・

その中でもいいな、と思ったのは「大切なもの」。

サウンドは「最終宣告」がかっこよかったです。


Superfly 「Box Emotions」
http://www.superfly-web.com/

【在庫あり!】CDアルバム Box Emotions Superfly/スーパーフライ 2ndアルバムシングルロック ドラマ主題歌
【在庫あり!】CDアルバム Box Emotions Superfly/スーパーフライ 2ndアルバムシングルロック ドラマ主題歌
Yahoo!ショッピング(ヤフー ショッピング)



すごく人気なんですよね?名前だけ知っていて、ボーカルの子がソロでウッドストックかなんかで、カバー曲を歌っている映像を見て、気になって、これまた帰国の際にアルバムを買ったんですが・・・

だめでした。自分好みじゃなかった。

世間に好まれるのは非常によくわかるんですが、私にはなんていうか、ポップすぎたかな~。

サウンドがちょっとごちゃごちゃしすぎている感じで、聞けたのは「恋する瞳は美しい」くらいでしょうか・・・

こういうのを聴くと、本当に自分がいかにメジャーものに向いていないか、を実感します・・・


最近、大好きなSAKURAさんの今までのアルバムをごそっとiTunesで買ったので、その紹介などもまたあとで・・・

SAKURA 「REAL LOVE」 : Music

SAKURA 「REAL LOVE」
http://www.singer-sakura.com

Real Love


私が大好きなアーティスト、SAKURA姉さんの今年8月に発売された新譜です。
日本帰国時にようやく購入現実!


今回は前回「GLM」と比べると確かにR&Bっぽいサウンドになってます。
でも私の一番好きな「daylight」みたいな感じではないかな?。
全体的には彼女の今までのイメージのCoolさではなく、もっとCuteなソウルを感じさせる曲がそろっています。

それでもやっぱり彼女のセンスが光ってますね。
「SAVIOR」のアレンジもいいし、
Nao'ymt氏が作った「Keep On Breathin'」という曲はハワイアンに魅了されているSAKURA姉さんのために彼がハワイアンな感じも取り入れたという曲。
サウンドは結構ポップなんだけれど、歌詞はけっこうぐっときますよ。

364a3a98.jpg


続く「Love & Light」、出だしなんかは確かにR&Bを感じさせます。この曲もメロディ、いいな?。
「泣いて、泣いて、泣いて、気づいたの 幸せ 幸せ 幸せに なりたいって
閉ざして 閉ざして 閉ざして 古いドアを 閉ざして 初めて 現れたのは あなた」というくだりも切なくて私好み。

「Ready To Cry」も好きです。この曲も切ない!

どの曲もフレーズとかが頭にすっと入っていって残る感じはやはりすごい。

f3590389.jpg


イントロとRekindledで入ってくるアルバムタイトルでもある「REAL LOVE」は英語で綴られるspoken word形式の曲。かっこいいです。

「THE UNION」はエキゾチックな感じのする彼女には新しい感じの曲。メッセージもいいです。

「Change」も彼女らしい前向きなメッセージが印象的な曲。

「運命の男」はイントロから私好みのバラッド。やっぱり彼女のバラッドは格別です。
失恋した友達を暖かく包むような歌詞もぜひチェックしてほしいです。

「CREAM」もR&B調な曲ですが、かわいい感じ。

「You're My Love」はSAKURAさんが最愛の息子さんを思って書いた曲だそうです。でもユニバーサルなラブソングとして聴けるよ?。

そして私がこのアルバムの中で一番気に入ったのが、シングル曲にもなっていた「I love You ?優しく漂う愛のそよ風 (Gospel version)?」。
メロディがもう切ない!
きれいなバックのコーラスアレンジとかも涙を誘うよ?。

シンプルなピアノの伴奏もこの曲のメッセージをよくひきたてていると思う。

この曲はSAKURAさんがお母様に向けて贈った曲だそうです。そんな彼女の想いがとっても伝わってくる素晴らしい曲です!


295eea27.jpg


彼女の曲からは「みんなに何かを伝えたい」という気持ちがすごく感じられます。
そういう真摯な姿勢が感じられる曲を作ることができる、というのはすごいことだと思う。

いろんなアーティストがあふれているけれど、私にとって彼女が特別なシンガーとして心に残るのは、やっぱりそういった彼女の人間性を曲の中にしっかり感じられるからだと思う。

彼女のHPのブログもたっくさんポジティブメッセージがつまっているのでおすすめです!


↓彼女のほかのアルバムもおすすめ!

SAKURA SINGS BALLADS-Smooth Side-(CCCD)


Your Favorite SAKURA



SAKURA 「Lover Light」 & Leyona 「Off The Lip」

さて今日は邦楽の紹介!
私の好きな女性アーティスト二人をまとめてどうぞ!


Sakura 「Lover Light」 http://www.singer-sakura.com/

82a82dd9.jpg


私が大好きなSAKURAさんのファーストアルバム。
日本帰国時に買ったアルバムです。
98年の発売とのことですが、今聴いても全然違和感なし!さすがですね。

始まりの「All Brand New」もめちゃくちゃかっこいいし、私にとってはSAKURAさんを知るきっかけとなった「IF YOU LOVE ME」もやっぱり今聴き返してもいいなあ。

そしてソウルフレイヴァーに溢れた「Let's Go Dancing」はまさに踊りだしたくなるようなサウンド!

「Missin' You」は美しくちょっと切ないバラッド。「どうして あなたを愛さなきゃならないの」
「あなたという風がまた 私の心の中に 命を吹き込むまで どこへも行けない」
など歌詞もとってもいいです!
後半のボーカルアレンジもさすが素敵です。彼女のボーカルアレンジ大好き!

「love psychic」はね、かわいいんですよ。「あなたがもし 木星に住んでたとしても きっと出会えてた」とか。
さわやかな曲です。

「BABY」もアレンジとかかっこいいです!

そして「いつまでも」、う?ん、やっぱり名曲ですね。なんだか泣きそうになるようなメロディ。
SAKURA姉さんの優しい声、大好き!


Leyona 「Off The Lip」 http://www.leyona.net/

1eb1dda9.jpg


Leyona「Off The Lip」@ Tower Records

Leyonaさんも友達が「sun road」をくれて聴くようになってから気になってます。
このアルバムは「sun road」を超す出来のよさ!

幕開けの「星の上 空の下」がもうとにかくご機嫌サウンド!!
世界のいろんな国や町の名前を並べた歌詞もいいね。

続く「CRACKING」もベースの音とかいいねえ。音楽のわくわくさをうまく表現した曲!

そしてたぶん「星の上 空の下」と並ぶくらいこのアルバムの中で個人的に好きなのが「マヨナカベル」。
これ、切ないんですよ?。メロディがすごく胸に染みる。
彼女のこういうスロウでメロウなバラッド系はいい曲が多いです。

「Sunshine」はホーンの使い方とか、ソウルを感じさせますね。

「On The Floor」は今までの彼女にはない?また新しいサウンド。

「Brown Sugar」もいい!彼女、シンガーとして本当にうまくなったなあ、と思います。

Chris Pierceとコラボした「Someday」もさわやか!

おすすめの一枚です!
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

hana

Clock

Toronto

最新コメント
Message
Instagram
Instagram
free counters
  • ライブドアブログ