Toronto News Letter

カナダからその生活の様子、趣味の音楽や映画についてを発信。 2011年に念願の家を購入してからはガーデニングに没頭しています!

*Life in Canada

スノードロップ

こちらは月曜が祝日で3連休でした。

そして2月というのに、ここ数日は気温もプラスになっていて暖かい日が続いています。

土曜日だったかな?は10度以上になっていたんじゃないかな?

今週はどうやらずっとプラスの気温のようです!

となると、やるのは庭のチェック!

ずっと庭は雪がかぶっていてほとんど地面も見えない状態でしたからね。

そろそろスノードロップが顔を見せているかもしれないしー、とバックヤードに行くも、姿が見えず…

「やっぱりまだ早いか~」と思っていたのですが、が、日曜日にフロントヤードに何か発芽しているものがあるのがちらっと窓から見えまして。

「何かの球根がもう早めにお目覚めかしら?」と思いつつ、外に出て見てみたら、それがスノードロップちゃんだったのですよ~!

Feb19_sd1

ね、ね。

このすらっと伸びた首筋に白い美しいお姿はスノードロップ嬢に間違いなく。

Feb19_sd2

お一人ではなく、お仲間と一緒にお出ましくださいましたよ(笑)

この写真では二つだけですが、実際はもうちょっと出てきてます。

ただそれぞれ成長に差がありますが…

最初、何か出てきてるな、と思った時はまさかスノードロップだとは思わなかったんですよ。

というのも、スノードロップをフロントヤードに植えていたことをすっかり忘れていたから!(笑)

基本バックヤードに植えているとばかり思っていたので、びっくり!

でも、やっぱりこの子を見ると胸が躍りますね~!

まだ2月だから、この暖かい週が終わればまた気温も下がって、きっと春が来るまでにまた大雪が降ったりもするんでしょうが(泣)、でもとりあえずこの子が出てきてくれたということは、春もゆっくりだけれど近づいている!ということ!

寒冷地では、温暖地の方が思う以上に春の訪れは嬉しいものなのです。

なんといっても、外に緑がほとんどないし、花なんてこれっぽちもないですからね。
そういうのが何か月も続くのですよ。 

だから外で花が楽しめるということがいかに素晴らしいか!!


 
これはインスタからの写真ですが、 一日たって、昨日見てみたら、ほらほら、蕾がほころび始めてきてました!!

これから毎日チェックしなくては~!


スノードロップ一つでこんなに長くてすみません(笑)

でもね、昨日はお休みなので、トロント郊外の北東部へドライヴしてきました。

とある湖まで行ったのですが、そこでの風景がこれ↓


 
湖が白いのわかります?

これね、凍ってるんですよ。

ここ数日暖かかったから、もう溶けているかなーと思いきや、全然凍ってた(笑)

いや、ただドライヴしに行っただけで、ここで何かやろうとか言うわけでもなかったんでいいんですけどね。

ただびっくりした、というだけなんですけれど。

やっぱり北部だとトロントよりぐっと寒くなるのかなー?
1時間半くらい北上しただけなんですけどね。

と、まあ、こちらはまだこんな風景ですから、スノードロップ一つで騒ぐのもお分かりいただけるかと(笑)

 
ということで、庭チェックの詳しいことは次回に。 

********************

ランキングに参加しています。
よろしければ、下をクリックして下さい!

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村
 

STOMP

2月始めにSTOMPを観て来ましたよ。

IMG_20170205_211600_032

残念ながらトロント公演はすでに終わっていますが・・・

もともと余り公演数は多くなかったんじゃなかったかな?

とても有名なステージですが、観るのはこれが初めて。


名前と身の回りのものを使ってリズムを奏でると言うことくらいしか知らなかったのですが、 もっとミュージカルっぽいのかと思いきや、本当に出演者の奏でるリズムのみなんですね!
(たまーに少しバックグラウンドが流れているような気もしましたが、最初だけかな??)

そしてダイアログもまったくなし。

なのにちゃーんとキャラクター設定がなされていて、せりふなしでもしっかりどんなキャラの役の人なのかがわかるのに感心。

ジェスチャーってすごいなあ~。


とても面白くて、もっと観ていたいなあと思いましたよ。

そして調べると、オリジナルはイギリスなんですね。
なんとなく設定からしてアメリカだとばかり思っていました。 


やっぱり生の演劇はいいなあ~。

ということで4月にもまたミュージカルを観に行く予定。

楽しみ~!


***********************

ランキングに参加しています。
よろしければ、下をクリックして下さい!

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 
 

Ripley's Aquarium of Canada

この年末年始もなんだかんだと忙しかったのですが、一日くらいは休日らしいお出かけもしたいよねー、ってことで、ずっと気になっていた水族館 Ripley's Aquarium of Canada にお休み最終日に行ってまいりました。

ここはできたのが数年前。
それまではナイアガラのほうまで行かないとちゃんとした水族館がトロントにはなかったのですよ。

いつもブルージェイズの試合を観に行くと、スタジアムのすぐ隣にここがあるので「行きたいなあ~」と思いつつ、忘れていたのですが(笑)ようやく。

携帯で撮った写真しかありませんが、いくつか載せますね。

20170102_125917

20170102_125117

普段週末がどのくらい混んでいるのかはわかりませんが、結構な人出でしたよ。

でも大体のところはちょっと待っていればよく見えました。

見えなかったのはショーをやっていたエリアくらい。

20170102_130608

20170102_125403

ここはサメもいる大きなタンクがトンネルになっていて、そこは電動のウォークウェイみたいなものにのって、ゆっくり眺めることができるようになっています。

インスタに載せた動画をどうぞ↓



クリックするとインスタのページに飛んで、動画を見ることができます。



↑こちらも同じくインスタにのせた動画です。


20170102_132849

くらげ的なものはこんな面白いバックグラウンドで神秘的になっていました。

こちらも動画もあります↓(同じくインスタより)




いろんな魚やくらげとか、それぞれ姿かたちが違って面白い!

20170102_131332


日本の水族館のようなゆっくりまったりな雰囲気がなかったし、ペンギンやイルカ、アシカなどもいないのでそんなに大きな水族館ではありません。

でも、まあ今までトロントになかったと思えば、ね。

大人ひとり$35とかなので、結構なお値段ですけれど・・・
でもナイアガラの水族館も結構高かった気がする。


もうずっとあまり楽しいお出かけができていなかったので、久しぶりにこういうの、楽しかったです。 


*****************

ランキングに参加しています。
よろしければ、下をクリックして下さい!

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 

2017



sketch-1483191796904_resized

皆様、新年明けましておめでとうございます。

今年も皆様にとってよい年になりますように。

そして本年も、このブログともどもよろしくお願いいたします。

Happy Gardening! 


****************

ランキングに参加しています。
よろしければ、下をクリックして下さい!

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 

よいお年を!

Capture+_2016-12-30-23-27-23



しばらく更新ができず、申し訳ありませんでした。
11月中旬くらいから、仕事もプライベートも激務で、バーントアウトしておりました…

これからもあまり頻繁に更新できませんが、Instagramの方は毎日ポストしているので、そちらでもまたお声かけて頂けると嬉しいです。

IMG_20161230_230347_512


(ちなみに↑がインスタでたくさんいいねを頂いたベスト・ナインです。一番いいねを頂いたものをこのポストのトップにしてみましたよ)

皆様、今年ー年、ありがとうございました♡
来年もよろしくお願い致します。

よいお年をお迎え下さいませ!

FB_IMG_1483159268432

Edwards Gardens

土曜日は暑すぎず、寒くもない、いい秋晴れの日だったので、Toronto Botanical Gardenまで行ってきましたよ。

略してTBGと呼びますが、ここはトロント北南にあるパブリックガーデンというか、パークと言ったほうがいいかな?

TBGの中にEdwards Gardensというのもあり、どっちがどっちなのかがよくわからないのですが(笑)

ここへはかなり昔に来たことがあるのですよ。
まだガーデニングをちゃんと始めていない頃の話ですが。

ガーデニングを始めてから、行こうと思いつつも足を運べずにいたのですが、数週間前に、ランチタイムのウォーキングをしにここに行こうと副社長が誘ってくれました。

もともと副社長、この付近で幼少時を過ごしたんだとか。

ガーデンズと言っていますが、敷地のほとんどはトレイル的な感じのエリアが占めていて、庭の部分は少ないんですよ。

で、このトレイルのところ(ま、これもトレイルというほどの本格的な感じはないのですが。散歩道と言ったほうがいいかもしれない)を歩こうってことで、会社からここまでは車で行きました。

Sept23_eg1

敷地内には川も流れているんですよ↑


副社長ともよく一緒に散歩していますが、「普通のシティロードを歩くより、こういうところを歩く方がいいだろ」ってことで、それ以来何度か来ています。

とは言え、ウォーキングメインだし、ランチタイムの限られた時間、プラス副社長と一緒というのもあって、ガーデン部分をゆっくり見る機会もなかったので、この土曜日に行ってきました。

携帯でですが、目についた植物や風景などを何枚か撮ってきたので紹介させてくださいね。

Sept24_egt

この日は本当にいい天気。

やはりガーデン・エリアのメインは夏の植栽で、ここでもトロピカルな雰囲気。

Sept24_egc

カンナのこの斑が綺麗。

私個人は、こっちに住んでいるからか、トロピカルなものにはあまり興味がないのですが(なんといっても育てにくいしね)、だからこそ、こっちの人はトロピカルへの憧れっていうのがあるのかなー?

それとも短い夏を謳歌するために、より夏らしいものを楽しみたいということでのトロピカルなのかも。

とはいえ、もう9月下旬。
秋らしさを感じさせる植物も見かけましたよ。

Sept24_egr

これはルドベキアか何かの一種かな?


Sept24_egso

吾亦紅(われもこう)もありましたよ。
こちらではGreat Burnetというコモン・ネームで呼ばれたりもしているようですが。
ラテン名はSanguisorba officinalis。


Sept24_egsp1

Salvia pratensisかSalvia guaranitica?
調べるとSalvia guaraniticaのほうが近い感じかな?

もうちょっと色の薄めの青のこの子↓がSalvia pratensisかしら?

Sept24_egs1

ということをインスタに載せたら、この明るい青の子はSalvia patensですよ、フォロワーさんが教えてくださいました。

他のフォロワーさんからもSalvia guaranitica↓は背も高く、お花が一方にそろって咲くのだそうでう。

Sept24_egsp2


Salvia pratensisは360度ぐるっといろんな方向に咲き、葉はロゼッタ状で茎も草っぽいと。

そしてSalvia patensがこの3つの中では一番背が低めで、茎も固い、と。

皆さん、見ただけでわかるなんてすごいなーとびっくり(笑)

でもソーシャルネットワークのいいところはこういうところですよねー。

どちらにせよ、こういうサルビア、ずっと気になっていたけれど、アニュアルだから、と育てずにいましたが、来年はぜひ育ててみようと思います!

やっぱり一番気になるのはSalvia guaraniticaかなー。
あの濃い紫っぽい色が素敵よね。

とはいえ、Salvia patensの明るい青もいいなあ~。

ま、何が入手できるかによるかな。

ちなみに日本の温暖地だとこういうサルビアも宿根なんだそうですねー。
ただ耐寒性はあっても、夏越しできなかったりもするようですが…

トロントではどちらにしても全部アニュアルとして扱うしかなさそうです…


Sept24_egb

Daturaかbrugmansia系のお花。
こちらではエンジェルズ・トランペットと呼ばれたりもしますが、こんなに綺麗だけれど確か毒性ありだったはず。

この子はお花も大きくて遠くからでも目立っていました!
大きなコンテイナーで育てられていました。
きっと冬の間は室内で越冬しているのかな?

このお花の色合いが素敵!


Sept24_egkmog

これは最初見たときペルシカリアの一種で、こちらではKiss me over the garden gateなんていう可愛いコモンネームのある子かと思ったんですが、ペルシカリアというよりはamaranthusでしょうね。

アマランサスもこちらでは面白いコモンネームがあって、love-lies-bleedingなんて呼ばれたりもするんですよ。

アマランサスってフラワー・ファーマーさんたちに人気のアニュアルというイメージ。

自分の庭で育てようとは思わないけれど、おもしろいですよね。
確かにアレンジメントに入れると映えそうですものね。


Sept24_egjbg

これは多分こちらではジャパニーズ・ブラッド・グラス(Japanese Blood Grass)と呼ばれているものの一種だと思うんですが、色がすごく綺麗でした。

日本だとチガヤとかベニチガヤと呼ばれているのかな?
日本原産だと思うのですが。


ちなみにここTBGの入り口、エントリー・ガーデン・ウォークと名づけられているエリアはあのオランダのPiet Oudolf氏デザイン!

カナダで彼がデザインしたのはここが初なんだそうですよ。

実はこの日、ウェディングが行われていたり、天気がよかったから、訪問者も多く、またガーデニングはまったく興味のないデイブと一緒だったので、あまり時間をかけてガーデンエリアを回っていないので(もともとはちょっとした散歩道っぽいのがあるエリアでウォーキングするのがメインで来たので)、このエントリー・ガーデン・ウォークがどこからどこまでかもはっきりチェックできなかったのですけれど、この上のグラスが使われているエリアとかだと思うんですよ。

もうちょと引くとこんな感じ↓

Sept24_egg1

Oudolf氏のデザインはナチュラリスティックな植栽でそれをブロック方式で植えられていることが多いですが、ここもロシアンセージとかグラス類があるから、そんな感じもするんですけど、どうかなー?

Sept24_eggrasses

穂の立派なグラスもありました。
ふっさふさで存在感あり。


Sept24_egh

ノリウツギ系の子もここではもうピンクに染まっていました。

うちのライムライトはまだ全然ピンクになってきていませんが、たぶん日当りの違いでしょうね。


Sept24_egrh

これはパーキング脇で見かけたローズヒップ。
たくさんなっていて可愛かったので❤

こういうの見るとやっぱりローズヒップのなる子がほしくなっちゃうよなー。

***

ガーデンエリア、天気も良くて、写真撮影している人とかもたくさん。

ウェディングもやっていた様子。

ちなみにこちらでこういう植物園的なところはアジア系と東欧系やロシア系の人をよく見かけます。

考えてみれば、インスタやっていてもロシア系はガーデニング人気がけっこうありそうですしね。

あと東欧やロシア系の人たちは写真撮影も大好きなようで、これね、綺麗なお花を撮るっていうのではなくて、「綺麗な私を綺麗な植物園の中で撮る」的な写真撮影(笑)

私たちが言った時も、母娘と思われるペアがおめかしして、パーソナル・フォトグラファーみたいな人と一緒に、いろんなところでポーズをとっていて、ちょっと笑っちゃいました。

でも、こっちはゆっくりしたいのに、いろいろ動き回るし、ベスト・ポジションを求めて、パーソナル・スペースもお構いなしに休んでるうちらのすぐ目の前に来たりして、ちょっと迷惑。

芝生エリアでは女性が寝そべって、それを男性が撮影するというちょっと怪しい(?)感じなのも見かけましたけど…

パブリック・パークなので、その辺、もうちょっとお互いリスペクトして利用してほしいものですよねー。

他にも花壇に入り込んで写真撮ってるマダムとかもいたし…

と、愚痴になってしまいました、すみません。

ちなみにここでは芝生エリアも多いですが、飲食禁止、ピクニックも禁止、確かペットの連れ込みもダメだったはず。
犬を連れてきている人を見かけましたけどね(笑)

リスなどもほんとよく見かけますが(でもリスはトロントならどこででも見かけますけど)餌付けも禁止されています。
餌付けしてる人がやっぱりいましたけど。

これはただ単にうるさくルールを定めているだけでなく、ちゃんと自然を守るためのルールなのですよね。

忙しくない今くらいの時期だとスタッフもうるさく言わないようだし、容認されているようでしたけれど、皆さんもお出かけの際は、事前にチェックすることをお勧めします。


ここ、すぐ近くに(というか実際はTBGエリア内からも通じている)もっと大きなトレイルがあるので、そちらにも今度行こうと思っています。

ちょっと歩いて、エリア内にあるカフェやお店(と言っても大したものではない)を覗いて帰ってきたので、長い間いたわけではないのですが、休日らしいゆっくりしつつ、体も動かせて良かったですよ。

ずっと忙しかったし、なかなかデイブと一緒に休日らしいお出かけもしていなかったのでね。

本当はデイブの休暇時にデイトリップとか1泊くらい北の方に行ったりもしたかったんですが、いろいろあって無理だったので…

でもこういうところが近くにあるのは嬉しいです。

日本の温暖地にお住いの皆さんは、まだこれから過ごしやすい秋を楽しめるかと思いますが、こちらは秋が来たと思ったらすぐ冬になってしまうので、今のうちに楽しんでおかないと(笑)

***********************

ランキングに参加しています。
よろしければ、下をクリックして下さい!

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

 

ミシェルのお庭訪問

こちらは月曜が祝日(日本もそうでしたか??)で3連休。

土曜日は前回ブログで紹介した、うちに遊びに来てくれたミシェルが「今度はうちに遊びに来なよー」と言ってくれたので、お邪魔してきましたよ。

Sept5_zinnias

でもおしゃべりに夢中で写真を撮るのをすっかり忘れてしまった!!
ということで、載せている写真はすべて我が庭のものです。

彼女のお庭はすごくきっちりデザインされているちうわけでもないし、特別珍しい植物もないと思うのですが、でも植物に愛情持って接しているんだなあ、というのがとてもよく感じられました。

Sept4_sl


もともとは車庫だったのを、ガーデンハウスに改造して、中にテーブルセットがあって、ゆっくりできる空間があったり、バックヤードは日陰が多いので、ここそこに休めるスポットがあって、とても居心地よいお庭でした。

ミシェルのお庭を見たら、ああ、うちにもこういうスポットを作らなきゃなあと思いましたよ。

ただうちは日陰が少ないし、そういうスポット作るとしたら、今植物を植えてあるところを改造しないとかもなあ~。

とりあえずは大きなガーデンアンブレラを買って即席の、っていうのかなあ?
テーブルセットも重くてすぐに動かせないようなものじゃないと怖いしな。
うちにはIKEAで買った折り畳み式で軽めのガーデンテーブルセットしかなく、それが泥棒に使われましたから、今は使う時しか出さず。

でもそうなるとやはり面倒で出さないんですよ(笑)

Sept4_spnvz


お庭でいろんな植物の話をするだけでなく、おうちの話や、仕事の話、彼女のお父さんの話とか、またいろいろ 話ができて楽しかった!

なんだかんだで2時間くらいずーっと庭でおしゃべりしてたかなあ~。

ミシェルは高校の先生なので、今日からこちらは新学年が始まり、忙しくなるようですが、また会おう!と約束しました。

Sept4_csf2

そして庭にいる間にローズ・オブ・シャロン(ムクゲ)がたくさんこぼれ種からの苗が出ているから、と言って「いる?」と言って、その場で苗を掘ってくれました!

「こんなところにいきなりぴょーんって生えててもみっともないしね~」と。
掘り終わったら「ほら、このほうが見た目もよくなったわね!」とか言って、本当に気さくなんです。

前回うちに来てくれた時にもらったジャイアント・フリース・フラワーとともに日曜日に庭に植えましたよ。

Sept4_ngs

「この苗は多分赤かピンクの花が咲くと思う」ということでしたが、咲くまでのお楽しみかな。

こちらではハーディ・ハイビスカスという名でも知られていて、かなりポピュラーです。

ハイビスカスの仲間なのに、耐寒性がばっちりなのでね。

私も以前、白いお花の咲く子で気になる子があったのですが、まだうちには植えていませんでした。

赤かピンクだと、ちょっとうちの色ではないですが、でも咲いたら綺麗で気に入るだろうから(笑)バックヤードに植えましたよ~。

ちゃんと根付いてくれるといいな。

Sept4_hibiscus

ということで最後はうちにある耐寒性のないハイビスカスの写真を。

コンテイナー植えなので、冬の間は室内に移動して越冬させるのですが、実は今年春になんだかわけわからない小さな虫にやられて瀕死状態になってしまいました。

二つ色違いで何年も育ててきていたけれど、もうだめか~、と思って、初春のまだ寒いころにまずは虫を退治してから処分だな、ってことで、コンテイナーのまま外に放置していたんですよ。

で、一つはもともと虫にやられて枯れていたのでやはりだめになってしまいましたが、この子は暖かくなったらなんと芽を出し、復活!

虫も寒さで全滅したのか、出てきていないのでよかった。

でもかなり寒い日もあったのに植物がダメにならなかったのが驚き。

またちゃんと土を全部入れ替えしてあげないとねー。


ということで今日はこのくらいで。


********************

ランキングに参加しています。
よろしければ、下をクリックして下さい!

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村
 
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
Clock

Toronto

最新コメント
Message
Instagram
Instagram
free counters
  • ライブドアブログ