Toronto News Letter

カナダからその生活の様子、趣味の音楽や映画についてを発信。 2011年に念願の家を購入してからはガーデニングに没頭しています!

November 2009

2009年日本滞在記 第六弾 中央林間へ

日本滞在記、更新が遅れて申し訳ないです。
仕事がだんだん忙しくなってまいりまして、家に帰ってもこの時期何かとやることが多くて、っていい訳ですね。
 
前回は高校からの友人たちにあった話をしましたが、今回はこれまた日本に帰国するといつもお会いしているのが大学時代にお世話になった先生。
卒論ゼミでお世話になった先生と、今回は卒論は見て頂かなかったけれど、大学4年までずいぶんとお世話になった先生にも会えました!
 
大学時代一緒の卒論ゼミで頑張った友人も一緒に先生の神奈川県の中央林間のお宅にお邪魔してきました。
 
先生の奥様のおいしいお料理とワインを頂いて、いろいろお話を聞かせてもらいましたが、やはり大学教授だけあって、先生も奥様も学を感じさせるお話でした。
お年を召していてもお二人とも英語が上手だし、デイブも日本語教師をしていらっしゃるという奥様に日本語を教えてもらったりしていました。
 
やっぱり大学時代は生徒という立場だったので、今生徒ではなく先生とお会いすると、当時は聞けなかった先生たちの素顔を見えたりしていいですね~。
お元気な先生たちの姿を見て、自分も頑張らなくっちゃ!と思いました。
 
あと大学での友人も世界を飛び回って、いつもいろんなことにチェレンジしているので、会うたびに刺激を受けます!
私はカナダでの生活に慣れて、どっかりしすぎちゃってるかな、とも思っているので・・・
 
中央林間も、またいいところみたいですね。
交通の便もいいし、静かな住宅街というかんじだし、駅前はそれなりに開けているし。
うちの実家のある埼玉から地下鉄で乗り換え一回で行けると言うのにはびっくり。便利になったわ~。
 
今回の帰国でうちの実家のある街に通っている埼玉高速鉄道(というまあ地下鉄ですね)を何度か利用しましたが、これで行くと東京までもすぐ出ることができるんですよ~。
運賃は高いけれど、埼玉県内だけだし。行く場所によってはJRで行くよりずっと地下鉄で行ったほうが安いと言う場合もあるしね。
昔はどこ行くにも時間かかって不便だわ~、なんて思ってましたが、この地下鉄ができたおかげで随分よくなりました。
 
今回は写真なしです。すいません・・・

Metis 「ONE LOVE」 : Music

Metis 「ONE LOVE」

http://www.metis-web.jp/
 
この前PUSHIMを紹介しましたが、もういっちょ日本のレゲエシンガーを紹介。
 
Metisという女性アーティストです。
彼女のことは私も好きな露崎春女さんのブログで紹介されていてしりました。
 
「~imagination」のユニークな始まり方から、彼女のアーティスティックさがでていると思う。
「Answer」は「広島で生まれ、戦争を知らず」という歌詞もそうだけれど、非常に社会的なメッセージがいいね。
「梅は咲いたか 桜はまだかいな」も和風な感じとレゲエがうまくミックスされてるね~。
 
 
 
「Brand New Day」はノリのいいチューン。途中のラップっぽいのとかもかっこいいし、彼女のソウルフルな歌声が発揮されてますね。
「Ring」はクリスマスっぽいサウンドですね。英語はジャマイカンな感じで、コーラスのフレーズもユニークですね。
 
「花鳥風月」もメロディがいいな~。こういうレゲエじゃない曲もきちんと聴かせてくれます。

metis2
 
「アオギリの木の下で…」では圧倒的な彼女の歌声を静かなアレンジで支えていて、非常にいい。こういうメロディアスな曲とノリのいい曲と両方バランスよく歌えてますね。
 
後半はちょっとちゃかちゃかしすぎるサウンドでちょっと疲れますが・・・

Metis3
 
どの曲も非常にメッセージ性に富んでいます。彼女、見た目は今時な感じで、近寄りがたそうですが、でも歌詞をきちんと聞くと、すごく真面目にピースを歌っていて、
誠実なんだな~、と感じます。
 
 
彼女、歌によってはずいぶんいろんな面を見せてくれるね。レゲエということでちょっと太めに歌っているけれど、普通にバラッドとか歌ってもきれいに歌えそうだし、
またはこぶし効かせたエキゾチックなユニークな歌もできるし、まだちょっと不安定な感じはありますが、非常に幅の広い歌手になるんじゃないでしょうか。

metis4
それにしても、最近のレゲエ界はすごいね~。他にも私の好きなKeycoさんとかもレゲエ系な曲をよく歌ったりもしてるけれど、彼女のCDは日本で見つけられず・・・残念。
若くてもしっかりこうやってメッセージを伝えていこうという意志があるのはうれしいことですね~。
PushimもKeycoもそうだけれど、レゲエシンガーたちはそういうところが共通していて、やっぱりレゲエという音楽をリスペクトしているからなのかな?
 
ラブソングだけじゃなく、こうやって音楽にのせて社会的なことも歌って伝えていくと言うの、すごく大切だと思います。
 
今年夏に2枚目のアルバムもすでに出ているそうですね。
彼女のこれからの活躍にも要注目です!


Metis/母賛歌(CD)
Metis/母賛歌(CD)
Yahoo!ショッピング(ヤフー ショッピング)



ONE HEART(UPCI-9033) 【Metis】
ONE HEART(UPCI-9033) 【Metis】
Gmarket

2009年日本滞在記 第五弾 友人再会・大宮氷川神社

私が日本に帰国した際必ず集まって会うのが高校時代の部活のメンバー。
高校卒業してすでに10年以上(!!)が経つというのに、いつも変わらず笑い会える友がいるっていうのは本当に幸せだな~、と感じます。
 
もちろん会うたび年相当の話をするようになってきているんですが、でも会うと、今まであっていなかった時間を忘れ、昔の仲に一瞬で戻れる感じなのが不思議。
今回はお仕事多忙で会えなかった友もいましたが(残念!)それでも4人で楽しいときを過ごせました。
みんな、ありがと~。おばあちゃんになるまで集まろうね!!
 
みんな埼玉在住ということで、なんとなく大宮の氷川神社へ。

shrine1


ここ、名前は何度も聞いたことがあったし、よく年始のお参りなんかで賑わっているという話もニュースで聞いたりしていたのですが、私はここに来るのはなんと初めて。
調べてみたら、ずいぶんと有名みたいなんですね。
 
その通り、思っていたよりずっと立派でした。
参道も長く、きれいに整備されていて散歩するのに気持ちがいいし、境内もとてもきれいだし、古い能を踊るような舞台があったり、雰囲気もいいです。
紅い色が鮮やかできれいな橋やその下の池には鯉もいました。


shrine2
 
私たちが行ったときは赤ちゃんのお宮参りをしている方が二組くらいいたかな?
なかなか忙しいみたいですね~。
 
ここはJR大宮駅からはちょっと歩きますが、でもかなりおすすめの散歩スポットです!

会社近くのショッピングセンターにて

今日も仕事、暇だったわ?。
でも多分あと数日で忙しくなりそうな予感。

enjoy while it lastsということで、たまっている音楽紹介の文章を書いたりなんだりしてました。
で、今夜もまた更新?!

今日は晴れていたけれど、寒かった。手袋がないとつらいな・・・

前にも話をしたうちの会社のすぐ近くにあるショッピングセンターまでランチブレイクにマーガレットのバースデイギフトを買いに行ったついでに写真を撮ってみた。

97b6f177.jpg


広場には大きなギフトボックスの山が!
こういうの見るだけでもちょっとうきうきしてきますね?。

ちょうどツリーに電球の取りつけなんかもしていて、多分これからもっとクリスマスのデコレーションも増えてくるのではないか、と予想してるんですが、どうかな??

a04e8ab4.jpg


あとは広場にあるクロックタワー。
時計台っていうけれど、時計はデジタル。この変なモニュメントはカナダの作家がデザインしたものだとか。

このショッピングセンター、ちょっと高めのお店が入っているんですが、トロントなのに、モールではなくオープンコンセプトっていうのはどうかな??
やっぱり寒くて雪の降るトロントでは暖かい大きなモールで一度にいろんなお店に寒い思いをせずにいける、というほうがいいと思うんですが。

実際平日はぜんっぜん人がいないしね。近くの高校生はぶらぶらしたりしているけれど、高校生の買えるような値段のものもないし。
うちら社会人だって、ちょっと気軽に買える、ってわけでもないので、同僚たちや同じビルで働く人たちにも不評です。
私は見てるだけでも楽しいからいいけれど。
でもこのショッピングセンターに来る客層が前よりずっと変わったな?。ハマーとか高級車をよく見かけます。でも運転マナーが悪いよ・・・

と、話がそれました?。明日も寒くなりそう。トロントにいる皆さん暖かくしていってね?。

PUSHIM 「RENAISSANCE」 : Music

PUSHIM 「RENAISSANCE」

PUSHIM/ RENAISSANCE


http://www.pushim.com/

ずーっと前から気になっていたんです、彼女のこと。
でもカナダでは邦楽はなかなか入手しにくく、結局ようやく帰国の際に購入しました。

日本のレゲエ音楽界を引っ張る彼女、いや?、いいアルバムだね。
私はレゲエには詳しくないので、レゲエの中でのいろんなジャンルとかはわかりませんが、このアルバムは実にいろんなフレーヴァーの詰まった一枚ですね。
でもなんかちょっと懐かしい感じのサウンドが多い気もしました。

レゲエだけれど、こんなに幅広くいろんなサウンドができるんだ?、とびっくり。
それに彼女の歌のうまさにもびっくり。
まあ英語の発音なんかはちょっと気になるところもありますが、でも表現力もあるし、彼女、実力派ですね?。

5ddd2cb3.jpg


始まりの「RAINBOW」がまずいい!これでがっちりとリスナーをつかんでいますね。

続く「あすなろ ?Mental Porverty?」は社会的な曲。彼女の曲はどれも歌詞もとてもいいので、歌詞もチェックしてみると、より曲のよさが倍増します。

「My name is...」は頑張る女性たちへの応援歌、といったところでしょうか。

「HEY BOY」はノリのいい一曲。

「Bubbly」は若者が(というかPushim自身が自分の昔を振り返っているんだと想うけど)成長していく様を歌ったこれまた、なかなか興味深い一曲。


561d157b.jpg



「Oh, My Brand New View」はいかにもレゲエ?、って感じで幕が開けて、いいね?。
でもサウンドはさわやかな感じなんだけれど、歌詞をよく聴くと、切ないなあ。

「夜が来るのが嫌だった まだ誰かと一緒にいたかった 本当のこと言えなかった だって独りきりなんて怖かった」というフレーズもいいな。

634b40db.jpg


「TEXT BOOK ONE」は打ち込みで今時なサウンドですが、打ち込みあんまり好きではない私でも聴けます。
ポジティブに行こう!というメッセージが伝わってくる曲です。

「Killa」はまたちょっとソフトなサウンドですね。

そしてカバー曲はThe Tymesの「So Much In Love」。これもレゲエサウンドに驚くほどマッチしてる!ちょっとかわいい感じのバックヴォーカルアレンジが◎。

「SURVIVAL FUTURE」もかっこいいね?。

そしてアルバムタイトルにもなっている「ルネサンス」。素晴らしい一曲です。
彼女が中国の地震。チベット問題、オリンピックなどから感じた想いから出来上がったというワールドピース的な大きな愛の歌です。
こういうのを歌えると言うところにも彼女の歌手としての大きさを感じさせます。

そして「虹のあと」も短いんだけれど、美しい曲。もっと聴いていたくなる感じです。

d4824d09.jpg


いろんな人といっしょにやっている曲は私にはサウンド的にちょっとやりすぎな感じがありますが、多分そういうほうがみんなには好かれるんだろうな・・・


このYouTube映像はすごいです。アルバム収録曲がライブで歌われているのを一挙どっと見れます!




とにかく、PUSHIM、いいね?。これだけでなく、もっと彼女のアルバム聴きたくなりました?。おすすめの一枚です。

本家レゲエがそうであるように、しっかり社会的な歌詞の曲も多く、彼女の「何かを伝えたい」という真摯な想いが伝わってくる素晴らしい一枚です。


他のアルバムもどうぞ↓

PLATINUM PUSHIM


Pieces


Sing A Song...Lighter



SAKURA 「REAL LOVE」 : Music

SAKURA 「REAL LOVE」
http://www.singer-sakura.com

Real Love


私が大好きなアーティスト、SAKURA姉さんの今年8月に発売された新譜です。
日本帰国時にようやく購入現実!


今回は前回「GLM」と比べると確かにR&Bっぽいサウンドになってます。
でも私の一番好きな「daylight」みたいな感じではないかな?。
全体的には彼女の今までのイメージのCoolさではなく、もっとCuteなソウルを感じさせる曲がそろっています。

それでもやっぱり彼女のセンスが光ってますね。
「SAVIOR」のアレンジもいいし、
Nao'ymt氏が作った「Keep On Breathin'」という曲はハワイアンに魅了されているSAKURA姉さんのために彼がハワイアンな感じも取り入れたという曲。
サウンドは結構ポップなんだけれど、歌詞はけっこうぐっときますよ。

364a3a98.jpg


続く「Love & Light」、出だしなんかは確かにR&Bを感じさせます。この曲もメロディ、いいな?。
「泣いて、泣いて、泣いて、気づいたの 幸せ 幸せ 幸せに なりたいって
閉ざして 閉ざして 閉ざして 古いドアを 閉ざして 初めて 現れたのは あなた」というくだりも切なくて私好み。

「Ready To Cry」も好きです。この曲も切ない!

どの曲もフレーズとかが頭にすっと入っていって残る感じはやはりすごい。

f3590389.jpg


イントロとRekindledで入ってくるアルバムタイトルでもある「REAL LOVE」は英語で綴られるspoken word形式の曲。かっこいいです。

「THE UNION」はエキゾチックな感じのする彼女には新しい感じの曲。メッセージもいいです。

「Change」も彼女らしい前向きなメッセージが印象的な曲。

「運命の男」はイントロから私好みのバラッド。やっぱり彼女のバラッドは格別です。
失恋した友達を暖かく包むような歌詞もぜひチェックしてほしいです。

「CREAM」もR&B調な曲ですが、かわいい感じ。

「You're My Love」はSAKURAさんが最愛の息子さんを思って書いた曲だそうです。でもユニバーサルなラブソングとして聴けるよ?。

そして私がこのアルバムの中で一番気に入ったのが、シングル曲にもなっていた「I love You ?優しく漂う愛のそよ風 (Gospel version)?」。
メロディがもう切ない!
きれいなバックのコーラスアレンジとかも涙を誘うよ?。

シンプルなピアノの伴奏もこの曲のメッセージをよくひきたてていると思う。

この曲はSAKURAさんがお母様に向けて贈った曲だそうです。そんな彼女の想いがとっても伝わってくる素晴らしい曲です!


295eea27.jpg


彼女の曲からは「みんなに何かを伝えたい」という気持ちがすごく感じられます。
そういう真摯な姿勢が感じられる曲を作ることができる、というのはすごいことだと思う。

いろんなアーティストがあふれているけれど、私にとって彼女が特別なシンガーとして心に残るのは、やっぱりそういった彼女の人間性を曲の中にしっかり感じられるからだと思う。

彼女のHPのブログもたっくさんポジティブメッセージがつまっているのでおすすめです!


↓彼女のほかのアルバムもおすすめ!

SAKURA SINGS BALLADS-Smooth Side-(CCCD)


Your Favorite SAKURA



Marisa Lindsay : Music

Marisa Lindsay 「Deeper Love」

e914f97a.jpg


http://www.marisalindsay.com/

バルバドス出身のシンガーの今年発売されたアルバムです。
CDBabyで購入することができます→http://www.cdbaby.com/Artist/MarisaLindsay

これは彼女の2枚目のアルバムでトロントでレコーディングされたみたいだし、CDリリースライブとかもここでやっていたようなので、彼女トロントに住んでいるのかしら??

全体的にメロウでジャズっぽい感じが漂っていますが、ところどころアップビートの曲も入れて盛り上がらせています。
なんとなくナタリー・コールっぽい感じがしますね、彼女の声。

31982c41.jpg



アルバムタイトルにもなっている「Deeper Love」で幕開け。
YouTubeで見つけたのでどうぞ。




びっくりしたのはこのライブでのパフォーマンスがレコーディングされたのと同じクオリティーであること。
彼女の実力を示しているように思います。

「I Think I Want to be in Love」は「Another day」というフレーズのバックコーラスが印象的です。

「Free is a State of Mind (Bubble Song)」はギターのカッティングがかっこいい。

「Missing You」は切ないバラッド。

「Sweetest With You」もキャッチーなメロディがいいです。

「Marisa's Blues」はバックはレゲエ風。


どの曲も濃すぎず、さらっと聴ける感じ。でもちゃんと印象に残る。BGMとしても気持ちよく聴けるんじゃないでしょうか。
曲によってはかわいらしい感じもするんだけれど、キュートになり過ぎない大人らしさを含んでいて、上品に仕上がっていると思います。

94aabf7d.jpg


こういうちょっとジャズっぽくて、という女性シンガーはたっくさんいますが、どれもみんな印象的な曲がなかったりしますが、彼女はやりすぎず、でも主張するところは主張する、といったバランスがよく取れているんじゃないかな。

彼女の2006年のファーストアルバム(↓こちら)も気になるので聴いてみたいと思います。

80cbbb5e.jpg

記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
Clock

Toronto

最新コメント
Message
Instagram
Instagram
free counters
  • ライブドアブログ