Toronto News Letter

カナダからその生活の様子、趣味の音楽や映画についてを発信。 2011年に念願の家を購入してからはガーデニングに没頭しています!

April 2008

Anthony's Grill : Restaurant

さて、日記の書けるうちにもう一つ。

気がつけば日本はもうすぐGWなんですね?。みなさんはもう予定はたててあるのでしょうか?

こちらはもちろんGWなどなく、個人的には非常に仕事が忙しいシーズンです。
半肉体労働的のプロジェクトなので、自分がどんなに仕事をはかどらせたくても、肉体的限界があって、すでに肩から腕にかけてすごく疲れてきているので、この先どうなることやら・・・
でもこれを乗り越えて、また給料アップを狙うのだ!!!

ということでいろいろと聴いている音楽だとか、観た映画だとか、書くことはたまっているんですが、いかんせんインターネットをやる暇さえあまりない、という毎日。

週末も日曜は仕事だし、土曜日は6日間の仕事の疲れでぐったりしていることが多く、それでも家事をこなさないといけないわけで、休む暇がない・・・

この間の25日はうちらの結婚5周年の記念日だったのですが、金曜日、私はもうエネルギーがなく、惰性で何とか手だけは動かして仕事する、といった感じで歩くのすら億劫ってくらい疲れていたので、何もしませんでした。
昨日土曜日もいろいろと忙しく、レストランで食事でも、と思っていたんですが、あまりのエネルギー低下で行くのをやめるほど。

でも今日は数時間の仕事の後、職場のすぐ近くのカジュアルレストランAnthony's Grillへ。
ずっと近くで仕事していたのに今まで一度も足を踏み入れたことがなかったここ。

今うちらの職場周辺は新しくできるショッピングセンターの建築作業中で、もうここ1年くらいでしょうか?
ものすごいことになっているんですが、それでもここはいまだにオープンしています。

特に見た目や料理がかっこよい、素晴らしい、といったわけではないですが、でも肩の力をいれるようなところでもなく、
料理も私には十分楽しめる味だったし(が、私はグルメではない、ということをおわすれなく!)お値段も一人20ドルで十分食べられます。

スタッフもフレンドリーだし、気取らず、アットホームな感じでとてもよかったです。

アニバーサリー向けのレストランではないですが、ほとんど外食をしないうちらにとって外食はやはり特別。
特にデイブのアレルギーもあると難しくなってしまうので・・・

この界隈(Don Mills & Lawrence)はもともとはお年寄りが多く、こわされて新しくなるドンミルズ・センターも近所のお年寄りたちが集まっておしゃべりする場所という感じだったのですが、今は工事現場になってしまったし、周辺の道も閉鎖されたり、狭い通り道になったり急な坂道や足場のよくない道ばかりなので、アクセスのしやすかったコミュニケーションの場を失ったお年寄りたちのことが心配です。

しかも新しいドンミルズ・センターはどうやら一つの大きな建物にお店が入るというのではなく、お店ごとにそれぞれ違う建物になるという噂。
そうなるとこれまたお年寄りたちの集まる場所がなくなってしまいますね・・・

そしてお店の周りにはたくさんのレジデンシャルエリアができる、いわゆるコンドミニアムですが、これで周辺の土地を余すことなく活用して金儲けをしよう、って魂胆なんでしょうが・・・

このエリア一体はトロントでも有名な会社が所有、マネージメントをしていて、うちの会社の入っているビルもそうなんですが、とにかくお金儲けにしか目がなく、テナントやコミュニティのことなどまったく気にしていないということが丸見えで悲しくなります。

買い物をせず、ただ話をするだけの年寄りなど追っ払って、小金持ちの若い年代カップルのコンドミニアムでコミュニティをも入れ替えようというわけです。

この新しいショッピングセンターはこの秋にオープンとのこと。一体この界隈がその後どうなることか・・・

ということで話がずいぶんそれましたが、久しぶりの日記はこのくらいにしておきましょう。

★Anthony's Grill
1090 Don Mills Road
North York, ON M3C 3R6
416-441-0195

New Car!

実はうちらこの間新車を入手いたしました?!

今までは中古車の95年製マツダの323という車に乗っていたのですが、もともとかなりの走行距離があり、ここ数ヶ月間、いろんな個所に問題が出てきて修理に出費がかさむので、思い切って新車を購入することにしました!

というのも毎月修理に出すくらいになってしまったので、それならば新車の月々のローンを払えるわけで。
しかも新車は保証つき。問題があってもただで修理してくれるしね。

私は運転しないので車のセレクトは全てデイブまかせ。
デイブが前にレンタカーで使用したシェボレーのCobaltの2008年製。

a7292d52.jpg


うちの会社は車のアンケートを主にやっているので、車に詳しい同僚もたくさんいて、その一人からも9月になったほうが安くなるからそれまで待て、なんていわれたのですが、それまでMazdaが持つかどうかも怪しいところだったので、考えてすぐに購入実行!してしまいました。

それにしても95年のMazdaから比べるととにかく何もかもがラグジュアリ?。
デイブは特に自分が運転するしすごく感激しています。
何よりも静かで、変な音やにおいがするんじゃないか、どこかがまた壊れたんじゃないか、という心配をしなくて済む、という安心感がいいです。

車のmake & modelがはっきりしていたので、ディーラーはGMの2つしかまわらなかったんですが、今まで自分が作りつづけてきたアンケートの中身がこれでより理解できるようになりました。

はじめに行ったところは、うちらが若いからか(?)ただの冷やかしかとでも思ったのか、忙しそうだったけれど、レセプショニストもいなくて、何分も待っても声すらかけてこないので、ここはだめだとあきらめたほど。

二つ目は待つこともなくすぐにセールスパーソンが声をかけてスムーズにものごとが進んでいきました。
女性のセールスパーソンでとってもフレンドリーでよかったです。
でもセールスマネージャーの人が保険やら、保証延長サービスの購入やらを、まくしたてて買わせようとするのにはうんざり。
もちろんそれが彼の仕事なんだろうけれども、あれじゃ買うまで離してくれないという感じでしたよ・・・

しかも工場から車が届いたから取りにきて、といわれて行ってみたら、2ドアを頼んだはずが4ドアの車になっちゃってるし・・・
それを確認しなかったセールスパーソンも「これは私のせいじゃない」と堂々と言うところに参ったよ。
彼女が書類に書いたのは正しかったんですが、ディーラーに届いたのが違うドアのものだったわけだけれども、
デリバリーを問題なくするのがあなたの仕事でしょうが・・・車が届いたときに確認していないのはやはり問題ですよね・・・

ディーラーもそれを「この車をそのまま受け取ってくれればラスヴェガスへのチケットをあげる」っていうだけでマネージャーが顔出しするわけでもなし。
結局うちらは数日間待つことに。

それでいてセールスパーソンの彼女は新車購入後、GMから送られてくるアンケートについて、「すごく重要だから、いい評価を頂戴ね」とうちらにお願いする始末。

彼女、本当にいい人で気に入ったんだけれども、なんだかちょっと違うんじゃないかな?と思うことがいくつかありましたよ。
それも「この週はすごく忙しくて」って言い訳してるし。

自分が何か仕事で間違いをしてもクライアントには「忙しかったから」なんて言い訳は決してできません。
て言うのは私だけなのかな?。

と、新車購入にも文化の違いを感じるのでありました。

でも新車は問題なく、快適です!

The Temptations : Back To Front

The Temptationsの新譜「Back to Front」を紹介!
http://www.thetemptations.net/main.html

8e732bf8.jpg


The Temptations:Back to Front @ Tower Records

テンプスといえば「My Girl」と思う人が多いのかもしれませんが、私は彼らののりのいい曲が好きです。
そんな彼らの歴史は長く、50年近くも活躍しているレジェンダリーグループ。素晴らしい!

現在はオリジナルメンバーはOtis Williamsのみですが、それでもいやはやまだまだテンプス・サウンドは健在です。
今回のはソウルの名曲をカバーしたもので、みんなも一度は耳にしたことのある曲が並んでいるので、聴きやすいと思います。

1a6d9f4f.jpg


収録曲は以下の通り↓

Never Never Gonna Give You Up
Hold On I'm Comin'
Wake Up Everybody
Minute By Minute
I'm In Love
Don't Ask My Neighbors
Love Ballad
Let It Be Me
How Deep Is Your Love
Back In Love Again
Respect Yourself

どの曲もやはりオリジナルが素晴らしいというだけでなく、やはりテンプスのこのコーラス!!
最近のわかくきれいめR&Bシンガーの声では聴くことの出来ないこのソウル臭さ!大好き!
どの曲もちゃんとテンプス節になってます。そしてシンプルな、でもうきうきなバックのサウンドもいいです。

個人的に気に入ったのは、Sam and DaveのHold on I'm Comin'、これはサム・ムーアの面影を入り乱れるコーラスの中に見出せるような感じ。

Harold Melvin and the Blue NotesのWake Up Everybodyやthe Staple SingersのRespect Yourselfなど、
やはり歴史あるテンプスがこういうメッセージ性のある曲を歌うと違うなあ。

Doobie BrothersのMinute by Minuteもいいなあ。やはりコーラスの素晴らしさはさすがですね。

Bobby WomackのI'm In Loveの歌いっぷりも、味があって、さすがの貫禄!

The Bee GeesのHow Deep is Your Loveなんかは、かわいささえ漂わせています。

L.T.D.の(Every Time I Turn Around) Back in Love Againもご機嫌!

テンプテーションズなんて古いよ!なんて言ってないで、ぜひ聴いてほしいです。かっこいいから!

Amel Larrieux

今日はシンガーAmel Larrieux (http://www.amellarrieux.com/)を紹介!

「Infinite Possibilities」を聴いて大好きになって日本にいたときは2度もライブに行ったくらいだったんですが、このアルバム以後はずっとチェックしていなくて、
ようやく去年でた「Lovely Standards」までの3枚を聴きました。

まずは一番お気に入りの「Morning」から紹介!

794daf64.jpg


Amel Larrieux:Morning @ Tower Records

これは2006年の発売。
全体的に非常にさわやかさ漂うアルバムという印象。
アルバム最初の曲「Trouble」のせいかな?アコースティックでお茶目な感じの曲で大好きです。
Amelは実はバラッドもすごくいいんですよね?。このアルバムでも「No One Else」が素晴らしいです。
続く「Earn My Affections」はAmelらしいアッシドジャズっぽさも漂う曲。
エレクトリックなサウンドがエッジーな「Magic」もいいし、印象的なオープニングの「Just Once」は歌詞もいいです。
Amelはそう、歌詞もなかなかいいのでぜひ歌詞もチェックしてほしいな。

次はアルバム「Bravebird」。

c5c477e4.jpg


Amel Larrieux:Bravebird @ Tower Records

これは全体的にクリアーなイメージがします。これは2004年のリリースということなんですが、2000年にでた「Infinite Possibilities」から彼女の外見もずいぶん変わって、
それが音楽にも影響しているような気がしますね?。
それまではみつ編みのお下げにエスニックな服をきて結構ユニークな感じがあったんですが。
なのでこのアルバムカバーを見て彼女の変化にちょっとびっくりしましたが、やっぱりかわいい!
ライブでもやさしそうな旦那さんと一緒にステージに立ち、子供への愛を語り、ほほえましかったです。

確か「Infinite Possibilities」のライブの後の何かのインタビューだったかと思うけれどいろんなメイクアップなんかを試してファッションの楽しさを再発見した、みたいなことを言っていたような気がするんですよね。

「For Real」はきっとAmelのお子さんの声でしょうね、かわいらしい声で始まりますが、かっこいいですね。
ちょっとマライア・キャリーを思わせる曲でもあります。

アルバムタイトルでもある「Bravebird」はメッセージの強い曲。Amelの詞はけっこう社会的なのとかもあって、
このアルバムの最後に収録されている「Sacred」なんかもかなりのメッセージがつまっています。
この曲もすごくいいです。

最近はAmel、詞にもずいぶん力を入れているんじゃないでしょうか?。
抽象的な詞がふえた気もしますが、でもやはり独特の雰囲気は健在。

「All I Got」も印象的な曲です。ボーカルワークのうまさはさすがです。
「Beyond」の低音の声も素敵です。
ユニークなボーカルワークの「Giving Something Up」も私好み。

その名の通り、アフリカンな感じも漂う「Congo」もまた新しい感じですね。

「Every hour Every minute Every moment, happens just once
Every human Every being Every lifetime, happens just once」という歌詞が印象的な「Just Once」も気に入ってます。

そして一番最近のアルバム「Lovely Standards」はこれはJazzアルバムです!

1bbbb86f.jpg


Amel Larrieux:Lovely Standards @ Tower Records

R&Bのジャズフレイヴァーっていうんではなく、まったくのJazzアルバム。

Amel、Jazz好きだったんですね。はじめは「え?」って思ったんですが、聞くとけっこうしっくりきてるんですよね。
でも個人的にはやはりR&Bの曲のほうが私には聴きやすいです。

でもなんていうかJazzの近寄りがたさを感じさせないのでいいです。

ということでやはりAmel、どれも素晴らしい!
あんまり有名ではないですが、ぜひみんなにも聴いてほしいアーティストです。


★おまけに「Infinite Possibilities」も↓

fbce1fd6.jpg


Amel Larrieux:Infinite Possibilities @ Tower Records

今日の一枚 : FRESH - Soaps

最近香りのいいオーガニックな石鹸にちょっと凝っている。
キッチンと洗面所のただ手を洗うだけの石鹸もやっぱりいいものを選ぶようになりました。

3月は私の大好きな姉の誕生日だったので、バースデイギフトに前からずーっと気になっていたFRESH
http://www.fresh.com/html/new/best.shtml)のかわいいソープをチョイス!
そしてついでに自分用にも購入。

a7e50ffd.jpg


ここのソープはちょっと値段はお高いですが、香りがすっごいいいし、パッケージもかわいい包装とストーンビーズの組み合わせが魅力的。
姉にはSugar Oval Soap Limited Editionを、自分用にはMangosteen Oval Soapを。

包みを開けなくてもいい香りが楽しめますが、こういういい香りの石鹸って、使うとたいして香りがしない、というのが多いですが、これはばっちりいい香りに包まれます。

私は最近はこれで体を洗っています。泡立ちもいいし、石鹸で体を洗うと汚れが落ちすぎて乾燥しがちですが、これはそんなこともなくさっぱりしつつ、かさつかない優れものです。
そして使うたびにバスルームがいい香りになるのがいいです。

香りって本当に大切で、やっぱりいい香りがするとリラックスできますね?。

FRESHは前にUmbrian Clay Treatment Barを購入、それ以来、かなり気になっていて、この間はここのファンデーションも購入しました。ファンデはミディアムなカバー力で、保湿効果もあるし、なかなかです。

やっぱりFRESHいいです。ちょっと高いんですが、これからもいろいろここのブランドの開拓していきたいな?。

Pottery Show & Sale

今日はあいにくの雨と曇り空でした。

最近なんだか気分がすぐれない。
カナダ生活になれたその心のたるみなのかな?。
何か新しいことに挑戦すべきかな・・・

さて、そんな気持ちをリフレッシュすべく、今日はToronto Potters Spring Show and Sale 2008というのに行ってきました。

http://www.torontopotters.com/

前から興味のある陶芸。これもやりたいと思いつつ、思い腰があがってないんですが・・・
ここのショウとセールはもう3・4年くらい前から続けて見に行っています。
とっても小さいんですが、お値段も手ごろだし、見るだけなら無料です!

トロント在住の日本人の方たちはきっとご存知であろうJCCCが会場です。

うちにはお刺身やお寿司を食べるときに使うような浅い小皿というのがなかったので、それを目当てに行きました。

で、買ってきたのがこの3点。

a7ea9c77.jpg


この2枚の小皿はSandi Dunkelmanさんという方のもので色合いも気に入ったので購入。

真ん中の逆Vのはこれ、ネックレスです。
Anna Vicherekさん(http://www.artavi.com/)というチェコ出身のアーティストの方のもの。
彼女は絵も描くようです。

いつもこのPottery Saleでいいなあ、とおもうのがRAKU、日本では楽焼とよばれているスタイルのもの。
光沢のあるきれいなグラデーションの色使いがとっても幻想的できれい。
でもうちは陶芸を飾るような場所もないし、お皿として使うのもなんだかもったいなくて、かわず仕舞い。

でもこのネックレスもRAKUの手法を使ったもののようです。
ゴールドでクリーンでモダンな感じがするんだけれど、陶芸の暖かみが相まっていい感じです。

スプリングセールは今日までなので残念ながら終わってしまいましたが・・・
次は秋、10月にまたショウとセールがあるので、興味のある方は上のToronto PottersのHPへ。

今日の一枚 : Hyacinth & Minestrone

トロントももうマイナスの気温になることはなく、路上の雪も解け、暖かくなってきました!
まだ新緑はみられませんが、それももうすぐ、といったところ。

春になって天気がよくなってくるとやっぱり気持ちがわくわくそわそわしますね。
お日様の光が気持ちよくて、この時期はやっぱりお花がほしくなります。

前は自分で植えていたチューリップやヒヤシンス。最近は忙しさにかまけて切り花やすでに植えてあるのを買ってしまっていますが・・・

今回はヒヤシンス!
ヒヤシンスと水仙はとーってもいい香りで大好き。
いつもはヒヤシンスはきれいな青紫のを買うんですが、淡いピンクのしかなかったので、それを購入。
あんまり香りがしないんですが、でもやっぱりお花があると気持ちが和みますね。

477f4e72.jpg


ヒヤシンスの花はひとつひとつがまるでお星様みたいでとってもかわいい!

これからもっと陽気もよくなってくるし、また何かバルコニーに植えようかな?。

もう一枚の写真はこの前作ったミネストローネ。

f41dc61c.jpg


うちはデイブが食物アレルギー持ちだし、塩分とか化学調味料とかけっこう気にする人なので、
こういうスープ系を作るときもストックをなるべく使わないようにしているんですが、そうするとやっぱりなかなかいい味が出ないんですよね。

素材がとってもよくて、野菜そのものの味を楽しめる、って言うのならいいんですが、悲しいかなスーパーで買う野菜はあんまり野菜らしい味がしませんよね・・・
オーガニックのは高いし・・・ファーマーズマーケットはすぐ近くにあるってわけでもないし。

でも今回は固形ハーブ&スパイスストックをちょっと使っただけでなかなかおいしく出来ました!
野菜もいっぱいでいろどりも豊かだし、うまく出来て嬉しいです。

さーて、今日は何を作ろうかな??



記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
Clock

Toronto

最新コメント
Message
Instagram
Instagram
free counters
  • ライブドアブログ