Toronto News Letter

カナダからその生活の様子、趣味の音楽や映画についてを発信。 2011年に念願の家を購入してからはガーデニングに没頭しています!

January 2008

日本滞在記第二弾 : 年末年始&水族館

では日本滞在記第二弾!

ちょっとさかのぼって、大晦日について。
今回の帰国で嬉しかったのは日本で年末年始が過ごせるということ。
やはり海外で暮らしている日本人にとって日本のお正月というのは特別に感じるものだと思います。
31日は夜友達と会っていたのですが、12時ぎりぎりに家に着きました。年越しそばを食べて、両親と新年を迎えられたのはよかった!

翌朝は母手作りのおせちを囲んでゆっくりとしていました。
うちのころ君はやっぱり栗きんとんだとか、煮物とかほしがって大変でした。
でもやっぱり日本のお正月はいいね?。久しぶりに食べたおせち、おいしかったです。お母さん、ありがとう。

dbc14bdf.jpg


2日は家族みんなで千葉までお墓参りに。久しぶりにおじいちゃんとお話してきました。
このお寺には懐かしい駄菓子とかが売っていて、姉と二人で子供に戻った気分で練りあんずなんかを食べました。
ずっと祖父に挨拶できずにいたのが気がかりだったので、これですっきり新年を迎えられました。

3日は中学からの友達二人と会って、しながわ水族館(http://www.aquarium.gr.jp/)に行ってきました?。
私、最後に水族館に行ったのなんていつの話だろう?ってくらいにずーっとご無沙汰だったんですが、いいですね?、水族館。

友達の話ではここしながわ水族館は夜遅くまで開いていて、仕事帰りの人たちが疲れた心と体を癒すために寄ることもあるそうですが、なんかその気持ち、わかるなあ。
あの水色の幻想的な世界は落ち着くし、優雅に泳ぐ魚達や遊ぶペンギン君たちを見てると癒されるもんなあ。

bbca1034.jpg


ここではイルカとアシカのショーがみれるということで、もちろん両方見てきました!

イルカショーはTVでも紹介されているちょっと運動音痴のラッキー君もいましたが、ラッキー君、いやいや頑張っていましたよ!どの子もかわいかったなあ。でも思ったけど、人間だっていろんなことができる人と出来ない人がいるわけで、イルカだからって必ずジャンプできるわけじゃないのはあたりまえだよね。

そんなイルカショーの様子を動画でどうぞ!
といいながら、実はこれはショーのひとこまではなく、ショーがはじまる前のものです。イルカたちがどんどん動くのでなかなかうまく撮れていませんが・・・



個人的にはイルカより、アシカショーの方がかわいくて気に入りました!
アシカが調教師さんを見つめているのがすごくいじらしく、かわいかった!
いろんな技ができてえらいなあ、と思ってしまいました。

3561aa6f.jpg


写真は新年ということで鏡餅を器用に鼻でささえるアシカ君の姿です!かわいい!

ショーではないけれど、ペンギンもよかったなー。確か3種類くらいのペンギンがいたと思うんだけど、それぞれ見た目だけでなく、なんだか行動の仕方も違う感じが見ていて面白かった。

f4743cb0.jpg


上の写真のようにぷかぷか水面に漂って遊んでいる子たちがいれば、颯爽と水に潜ってすばやく泳ぎ回る子達もいるし、または水際で、「どうしようかな、水に入ろうかな、飛び込もうかな、どうしようかな?」ってちょっと優柔不断な感じな子達もいたりして。
ペンギンセクションはかなり長くいても飽きないですね?。

41b4ee1c.jpg


ちょうど目を覚ましていたマンボウもいたし、トンネル部分ではサメやエイが泳ぐ姿が姿が下から見られておもしろいです。
エイはとくによーくみると裏側が顔みたく見えるし、動きや体のつくりを見るのも興味深かったです!

02b930ce.jpg


しながわ水族館、大きくはないけれど、とっても楽しめて大満足でした!皆様もぜひ!

4f54c4ed.jpg


というわけで第二段はこのくらいで!

次は金沢でーす!

Eastern Promises : Movie

私の日本滞在記第二弾に行く前に、ちょっとブレイクで他の話を・・・

オスカーノミネートがこの間発表されましたが(ここでチェックできます!→http://www.oscar.com/nominees/)ちょうどタイムリーに観た映画を今日は紹介!

「Eastern Promises」というカナダ人のデイヴィッド・クローネンバーグ監督の最新作です。
http://www.focusfeatures.com/easternpromises/

d653d8ee.jpg


たしか去年のトロント映画祭で最優秀賞を取った作品だったと思うんだけど・・・
デイブが私が日本に帰国中に観てよかったというので、私もDVDで観ました。

クローネンバーグ作品は暴力的なのが有名のようですが、実は今まで一度も観たことなかったのです。

私の好きなヴィゴ・モーテンセンが出てるんですがとにかくすごい映画でした。

シャーリーズ・セロンがオスカーをとった「モンスター」を観た後くらいの久しぶりの衝撃を受けました。
かなり重い映画です。

暴力的であることは間違いないし、かなりショッキングですが、その暴力がなんていうかきちんと描かれている感じが他の映画で見る暴力とは違います。

個人的にはかなり気に入りました。

ロシア系マフィアのボスとその父の七光りで暴れる悲しい息子。
危険と知りながらも事件から手をひけない女性。
ロシアやウクライナから言葉巧みに連れ出されて売春をさせられる羽目になる幼い少女達。
どのキャラも悲しいんですけど、それが実にリアルでした。

でもね、みどころはやはりヴィゴ!
今回はロシアンマフィアの一味の役で、すごいです、もうがらっと雰囲気変わっちゃってます。
見たからに怖そうだし、訛りのある英語、そして流暢にロシア語も話してるし、さすがですね?。
しかも今回全裸で暴れまわってます!日本ではこれ公開はまだ決まってないのかな?
かなりすごいので日本でどこまでカットされずに行くかはわからないですが。
でも、あまりの真剣な格闘シーンなので、その張り詰めた空気が感じられるくらいで、ヴィゴの裸が自然に見えるから不思議。

15add14d.jpg


インタビューを読んでも、変に隠したらそれはリアルではなくなってしまうからということでどこまでもリアリティを求めての体当たり演技!
で、ヴィゴ、主演男優にノミネートされました!嬉しい!!ぜひとってほしいです!

でも脱いだからノミネートされたわけではありません!
なんといってもヴィゴの完璧というまでの役へのはまりようがやはりノミネートの理由でしょう。

DVDのスペシャルフィーチャーを見たらヴィゴがかなりのリサーチをして、それがその映画つくりにかなりの違いをもたらしたようです。監督にとってもそれは嬉しいサプライズだったよう。

監督曰く、ヴィゴはロシア語のセリフを完璧にマスターしただけでなく、その言い方からまたは歩き方、しぐさもロシアンマフィアにすっかりなっていたということで、それは観たらわかります!

1c7af1d5.jpg


なのでぜひ観てほしいんだけど、まだ日本では観れないのかもしれないんだもんね。

しかも全然映画の詳しいことを紹介してなかった・・・ごめんなさい。それは他のリンクでどうぞ→http://www.cinemaonline.jp/bei_review/2007/053.php

とにかく監督のどこまでもリアルに、というこだわりがよくわかりました。
痛々しいまでの暴力も、それがこの地球上のどこかで確実に行われていることであり、監禁状態で売春をさせられるという少女達の悲しさも、すぐそこにあるもののように現実的だったし(でもこれは日本ではなかなかわからないかも??)。

13efef1f.jpg


マフィアというけど、ボスは普通の気のよさそうなおじちゃんのように見えたり、っていうのも、「いかにもマフィアです」っていうんじゃなくてそれがまさにリアルな感じだった。(そういうのはかなり前に見た「ゴーストドッグ」もそうだったなあ)
でもヴィゴは「いかにもマフィアです」って言う見た目ですが・・・

ストーリーも実に奥が深くて、観終わった後いろんなことを考えてしまいました。

この作品の前のクローネンバーグとヴィゴのもうひと作品「ヒストリー・オブ・バイオレンス」も怖いけど(また暴力的だっていうんで)観てみたいと思います!

今年のオスカーはアメリカのライター達がストライキ中ってことで、開催も危ぶまれるところですが(ゴールデン・グローブはそれで授賞式が開かれなかったしね)、ヴィゴがオスカーに出てほしいからなあ、開催してもらわないと困る!!
なので、開かれることを願っています。

でも、この作品、とってもいい出来なのに作品賞にも監督賞にも選ばれていない!
実は今日「Juno」という映画を観てきました。これはまあ第二のLittle Miss Sunshine的オスカーノミネート作品といった感じの映画なんですが、これが作品賞やら主演女優賞やらにノミネートされています。
でも、個人的にはこれは「う?ん・・・」という感じ。
これが作品賞に選ばれるなら、「Eastern Promises」のほうが断然オスカーに値する作品だと思うんだけどな・・・

ま、それはそうとオスカーノミネートが発表されたので他にもノミネート作品を観ています!
なので日本滞在記と交互に映画も紹介していきたいと思っています、お楽しみに!

日本滞在記 第一弾!

帰国から1週間経ちました。ようやく時差ぼけも治ってきたかな?というところです。

大体この1週間、一夜眠れると次の夜は眠れないの繰り返しでした。
仕事は日本に帰る前にかなり頑張ってまとめてやっておいたのがよかったみたいで、思っていたよりも悪くはなく(とはいってもやっぱり山積みだけどね)、でもだるい体を何とか動かしての肉体労働はやはりきつい・・・
ただ仕事がある分規則正しく毎日時間が定まってるのでカナダ時間に慣れるのにはよかったかも??

でもやっぱり体も混乱してるみたいで、やけに体が火照ったり、すぐおなかの調子が悪くなりそうになったり・・・
この週末はデイブは仕事というし、デイブの家族にお土産を渡しに行く以外は家でのーんびりしていようと思ってます。

さて、では日本滞在記、何から書こうかなあ??

12月28日に日本について、29日は実家の近くに出来たというショッピングセンターみたいのを覗きに行きました。
いまや地方でも東京と同じくらいの品揃えで、何でも買えるのね?。びっくりしました。
昔は実家付近には映画館もなかったけど、今はモールに映画館が入ってるし。すごいね。
私は埼玉出身だけど、うちのその近所のモールはまあそんなブランド物なんかが置いてあるわけではないけれど、でもそこでも十分もの足りるし、でも浦和や大宮まで足を運んだら、それこそ東京に行く必要もないかも、って感じですね。

今回の日本滞在で思ったのは日本はほんと物が溢れているなあ、ということ。
そしてそこに人が集まってにぎわってる!物があって消費されて、日本ってやっぱり裕福な国なんだなあ、と思いました。
やっぱり活気があるものな?。ちょうど年始のセールとかをやっている時期に行ったというのもあるとは思うけど、でもやっぱり独特な感じですね。
カナダではセールでもああやって声を張り上げて物を売るって感じはないものな。

そしてサービスのよさ!!ローカルの本屋でもきっちりと愛想よく、しかも丁寧に客を迎えるという、多分日本に住んでいる皆さんにはあたりまえのことなんだろうけど、これがカナダにいる私にはものすごく新鮮なんですよ!
モールに行ってずーっと「すごいなあ」と連発するくらい感心してしまいました。

次30日は姉と二人でヘアサロン、アンフルラージュ ランジエへ行ってきました!(http://www.enfleurage-salon.com/
アンフルラージュは六本木の第一号店にあったころからずーっと通ってて、スタイリストさんが今は一番新しい銀座のランジエにいるので、そこへ。

姉と二人でこのサロンではスカルプケアもやっていて今回はそれにもトライ!
私はカットとカラーもやってもらいました。

久しぶりに大好きなスタイリストさんと姉と3人でおしゃべりして楽しかった!

このスカルプケアはその人の髪の状態を見てスタイリストさんが使うトリートメント(みたいの)を選んでくれるんです。
で頭のマッサージ!これが、ものすご?く気持ちよくて、時差ぼけでまだよく眠れていなかったので、ほんと寝ちゃいそうになるほどの心地よさでした。
銀座にあるし、名の知られたヘアサロンなので、お値段は張りますが、ここはおすすめ!

私はずーっと大野さんにやってもらっているけど、大野さん、大好き!
かっこつけず自然体の人で、緊張もせずいろいろ話も出来て、本当にいいスタイリストさんです!!
でもこの銀座店も結構大きめで人もたくさん入ってるので、ゆっくり静かなところがいい、という人には六本木第一号店がおすすめです。

31日は高校時代の友達と会いました。
みんな変わらず、でもはなすことはやっぱりそれなりに年を重ねてきた感じがでてたかな?
1日、3日も友達に会ったけど、離れていても、会ったとたんに会えなかった時間や距離を一瞬で乗り越えて昔の私達に戻れるような感じがすごく嬉しかった。

いい友達って言うのは会えない時間が長かったり距離があっても、それで変わったりはしないということを再確認しました。
みんな忙しいのにありがとう!素敵な友達がいて私は幸せです!

ということで、今回はこのくらいで。
次はその友達と水族館に行ったのでその話を。

今回は日本で取ってきたデジカメの動画を初アップ!
お散歩中超ハッピーなころ君の姿をどうぞ?。

ただいま?。

はい、ということで、日本から帰ってまいりました?。
12月27日にトロントを発ち、日本についたのは28日の夜。そして帰ってきたのは1月12日。
本当は11日のフライトだったんだけど、前日に日本の実家にエア・カナダから電話があって、11日のフライトがキャンセルになったというのです!

で、12日の朝のフライトへ変更になりました。いまいちなんでキャンセルになったのか覚えてないんだけど、そんなことってあるんだねえ。
それにしてももともとが金曜のフライトでよかった。結局帰ってきたのは土曜日になったけど、土曜の朝だったので明日仕事に戻るまで2日間休みが取れたので。
仕事に戻ったらものすごーく忙しくなるし、肉体労働なので、やっぱりきちんと休んでから再始動しないときついので。

とはいっても、やっぱり飛行機の中ではあまり眠れず、家に帰ってから数時間眠り、昨日の夜もまだ時差ぼけで数時間しか眠れなかった。朝になって眠くなるも、ここで寝てしまうと夜眠れなくなるので、無理やり起きたけどだるかった。

この日本滞在については後ほど詳しく書いていくつもりだけど、今回は前回帰ったときとはずいぶん心境が変わりました。

やっぱり仕事もして、カナダの生活になれたこと、これから先もカナダで暮らしていくんだという覚悟も出来たからか、帰ってきてもホームシックにはなってないし、実家滞在中もなんだか落ち着かなかった。

もちろん家族と過ごせたのは嬉しかったし、楽しかったけど、ずっと住んでいた実家も今はもう自分のうちではなく、やっぱり私の「Home」はカナダにあるんだな、というのを実感しました。

日本はやはりいろいろ変わったなあと思ったし、カスタマーサービスのよさや便利性には本当に感心したけれど、でもなんか自分が思っているよりもそういう生活を心から望んでいるわけでもなく、カスタマーサービスはいいけど、ちょっとやりすぎでうざくなるときもあるからやっぱりもうカナダ生活に馴染んでるんだな?。

あと親が年を取ったこと、まあ去年うちではいろんなことがあったからというのもあるけれど、でもやっぱり親の老後のこととかも考えて、純粋に日本滞在を楽しめなかったかも。

まあ、私もそういう年齢になった、ということですね。

書きたいことはいろいろあるんだけど、それはまた後で。
とりあえずは帰国の報告でした?。

★遅くなりましたが、新年明けて初の日記更新なので・・・皆様、今年もどうぞよろしくお願いいたします。
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
Clock

Toronto

最新コメント
Message
Instagram
Instagram
free counters
  • ライブドアブログ