Toronto News Letter

カナダからその生活の様子、趣味の音楽や映画についてを発信。 2011年に念願の家を購入してからはガーデニングに没頭しています!

新しく開花した子など

この時期になると、新しく開花するのはダリアくらいですが、それでもいくつか紹介させてくださいね。


 Aug5 (1)

フロントヤードにユリはいくつか植えていますが、ピンクの派手なスターゲイザーが咲いて、カサブランカもどうしたかなあ?と思っていたら、咲きました。

もう消えちゃったかな?と思っていたから嬉しかった。

来年のために掘りあげて分球とかした方がいいかな?


Aug5 (12)

白いお花が続きますが、去年の種の残りのコスモスも開花。

Aug5 (13)

ダブル・クリック・シリーズのスノウ・パフという子。

コスモスはお花だけでなく、レーシーな葉っぱも好きです。


Aug5 (23)

そして開花ではないですが、チェリートマトが色づき、収穫が始まりました。

Aug5 (24)

去年もこういう黄色っぽい色の子を植えたけれど、あまり収穫できなかった気がしますが、今年はなかなかいい実つきですよー。


Aug5 (35)

銅葉のセダムがようやく目立ってきました。

うちにはゼノックスとラズベリー・トリュフという2種類を植えていますが、どちらも苗が弱々しいんですよねー。

これは多分ラズベリー・トリュフかな?

Aug5 (36)

で、こっち↑が一番古いゼノックスだと思う。


Aug5 (37)

そして今年はこの二つのちょうど中間に、こんな新しい苗が出現しているのですよ!

こぼれ種で増えてくれたのかしら~?

銅葉というよりはグリーンが強いですが、なかなかしっかりした苗だから嬉しい。


Aug5 (38)

上のセダムの写真にちょこっと写っている葉何ですけれどね…

これ、何だろう・・・

Aug5 (39)

多分雑草でしょうが、なんか涼しげだし、そのまま育てています(笑)


Aug5 (43)

で、これも多分雑草だと思うけれど、抜かずにそのままにしているもの。

結構葉が大きいし、この感じだと、きっと背も高くなりそうだけど、何だろうー?

私は種まき失敗しても、もう一度ダメもとでばら蒔きとかするので、「もしかして」と思ってしまうんですよねぇ(笑)


Aug5 (33)

嬉しかったのはこれ。

かなり前に室内用に買ってきたジャスミン。

暖かくなってきても室内で育てていましたが、あまり元気がないし、枯れた枝などもあったので、とりあえず外に出して剪定。

そしたら新芽が出てきたー!

やっぱり外の空気がいいんでしょうねー。


Aug5 (29-1)

ピーコック・オーキッド、よく咲いています。

Aug5 (29)

葉っぱもシュッとしていてカッコいいでしょ?


Aug5 (44)

クレマチスはどれもお花は一時休止中の子が多いですが、白い大輪のヘンリーを移植した際に、どうやら一緒に連れてきたらしいポーリッシュ・スピリットが、このオベリスクでも咲いています。


Aug6 (42)

夏と言うとハイビスカス。

オレンジ色の子のはずですが、咲き始めがすごく赤みがあってびっくり。


Aug5 (8)

スウィートピーのマツカナ、途切れずに咲いていますー。

Aug5 (7)

やっぱりこのバイカラーが好きだな~!


********************

ランキングに参加しています。
よろしければ、下をクリックして下さい!

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

ダリアたち

Aug6 (3-4)

8月に入り、ようやくぽつぽつとダリアが咲き始めてきました。

Aug5 (5)

去年初めて植えて大好きになったワイン・アイド・ジル。

やっぱりこの色!魅力的!

Aug5 (3)

蕾の時から綺麗。

Aug5 (2)

この子はお花によって色が変わったり、咲く時期によってまた色が変わったりして面白いんです。


Aug5 (6)

これも去年初めて植えたクロイー。

コラレット咲きのダリアに恋したのはこの子のせいです(笑)

一番最初に咲いたこの子はまだダークパープルの縁取りがあまり出ていなかったけれど、二つ目に咲いた子はこの通り↓

Aug6 (1-1)

やっぱり可愛い♡

Aug5 (6-1)

蕾が開きかけの頃はこんな感じなんですよ。


Aug5 (16-2)

他にも多分カフェ・オレと思われる子の蕾もゆっくりと開いてきています。

実は、今年はカフェ・オレ、チューバーを一つオーダーし、もう一つはインスタで当たってもらって計二つ植えたのです。

…が、どうやら買ったほうか、もらったほうかわからないけれど、ミスレーベル(レーベルのつけ違い)だったっぽいんですよねー。

Aug6 (1)

というか、カフェ・オレじゃなくて他のも違うのかな?

本来はコラレット咲きの「ナイト・バタフライ」、ここでは上に見えている子一つだけなんですが、下の方で咲いているのも見えますか?

これは違うもののはずなんですよねー。
カフェだったか、もう一つ、濃いパープルのリンズ・コンコードだったかな?

まあ、まだ全部咲いていないので、もしかしたら私の考え違いかもしれないんですが。


Aug6 (2)

カフェと一緒にもらったテラコッタというダリアにも蕾。

花茎の色も素敵!!

って言うかね、この子、すごく背高さんなんです。

Aug6 (3)

この写真だとわかりにくいですが…他のダリアより断然頭一個分くらい飛びぬけて高くなっているんです!

それで結構風の強い時に倒れかけていたので、しっかりした支柱でサポート。

アメリカで人気のカリスマ・フラワー・ファーマーのFloretでも取り扱っているダリアで、セミ・カクタス咲き、やはり背の高くなる品種と書かれています。

ピーチ・ブラウンという色も私好みなので楽しみだな~!


Aug5 (16-1)

そしていち早く咲き始めたアラビアン・ナイトはたくさん咲いています。

Aug5 (16)

やっぱりこのベルベットみたいな質感のこの子、綺麗~!

Aug6 (3-3)

横顔も素敵でしょ?



Aug5 (16-3)

これがもしかしてミスレーベルされて届いたのか?と思われるナイト・バタフライ?

お花はかなり早くに散ってしまうけれど、途切れずにどんどん咲いてはいます。

****************


ランキングに参加しています。
よろしければ、下をクリックして下さい!

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

Gardens Illustrated&プレイリー・スタイル

こちらは今日月曜は祝日でお休み。

土曜も日曜もいろいろスケジュールが埋まっていて、結構忙しかったのですが、今朝はゆっくり過ごしました。

午後は郵便局員の友人たちとポットラックでご飯持ち寄りでわいわいしましたけれど。

Gardens Illustrated誌の8月号、よかったー。
最近はなかなかゆっくり読んでいる暇がなくて、来てもパラパラーっとめくって、興味のあるものだけ読んでいましたが、今回はどれもよかった。

特にオランダのオーナメンタル・グラスのナーサリーの特集が素晴らしく。

Aug7 (1)

Piet Oudolf氏の手掛けたお庭みたいでしょ?

Aug7 (2)

ナーサリーのいわゆるショーケースとしてのガーデンだそうです。

Aug7 (3)

ここ、「プレイリー・スタイル」と呼んでいるように、いわゆるイギリスのメドウとはちょっと違って、やっぱりプレイリーよね。

でもこういうスタイルのお庭がプレイリーがもともとある北米より注目されて人気っぽいのが面白い。

ヨーロッパの人がやると北米のとは違ったやっぱり洗練さが加わるような気がするな~。

ただ逆に北米では、日本と同じようにヨーロッパへの憧れがあるので、やっぱりイングリッシュ・ガーデンとかがもてはやされるのですけれど。
どっちもないものねだりってことですかね~?


そして毎年ある「Small Gardens」特集もよかった。

Aug7 (4)

Aug7 (5)

やっぱりどれもコンテンポラリーですね。

Aug7 (6)

私から見ると全然スモールに見えないけど…
これも毎年思うことですが(笑)


さて、週末は庭作業はほとんどせず。
忙しかったというのもありますが、いよいよこの土曜が義妹のウェディングなので、そのために先週土曜にネイルをしてもらいに行きまして。

なのでウェディングが終わるまではちゃんと爪を綺麗に保たないとってことで、庭作業もお預けってわけです。

せっかくならちゃんと長持ちするジェルネイルで、とこちらの日本人の方が自宅でやっているところへ行きました。

というのはこちらではまだジェルネイルってそんなに浸透していないから。

それにやっぱりこちらの人のセンスより、日本人のセンスのほうが合うしね。
変に派手派手とかにされるのもやだし(笑)

でもこの方のおうち、アパートメントの一室だったのですが、昔私たちが住んでいたアパートメントの雰囲気で、一瞬フラッシュバック。

家を買ってからもう7年目になるので、すっかり忘れていた感覚を思い出しました(笑)。
戻りたいとは全く思いませんけどね。

でもそこから今にたどり着いたんだなー、とある意味いろいろ考えさせられました~。


で、庭の話に戻りまして(笑)

上でプレイリー・スタイルのお庭の話をしたので、うちのプレイリー・エリアを。

Aug5 (31)

エキナセア、ルドベキア、エキノプスにグラス。

エキナセアももっと掘り上げないとなあ~。


Aug6 (28)

これもちょっとプレイリーっぽいと言えばそうかも?なコーンポピー。

こぼれ種でちょこちょこ咲いています。

シレネ・コロナリアもそろそろカットかな。


そしてこれもこちらで雑草化してよく見かけるレースフラワーに似たアンミ。

Aug5 (17-1)

咲き始めの頃はあまりに弱々しかったけれど、咲き進んでカーブも出て、少しはアンミらしい見た目になってきました。

アンミの中に紛れているのはポピーのシードポッド。

Aug5 (10)

デリケートで可愛いでしょ?


Aug5 (15)

バーベナ・ボナリエンシスも♡

このアンミやバーベナ・ボナリエンシスの咲いているエリアはダリアのレイズドベッド手前のアニュアルの種をいろいろ蒔いたところなんですが、今、結構もりもりになってきましたよ。

Aug5 (11)

いろんな植物が混在(笑)

オダマキやラムズイヤーという宿根の子も紛れてるしね…

そして突如出現して、あっという間に大きくなったのがこぼれ種からのボリジ。

Aug5 (11-1)

ものすごい大きな葉が繁ってます…
きっとこぼれ種で出てくるだろうから蒔かなくていいな、と思っていたけれど案の定。


Aug6 (46)

アニュアルのセントーレアもひょろひょろだけれど花を咲かせています。
他の植物の下に隠れてあまりきれいに咲いていないのですがー。


…続きます

**********************

ランキングに参加しています。
よろしければ、下をクリックして下さい!

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村


7月最終週の庭 5

July30_ (25)

仕事が落ち着いてきたと思っても、だからと言って早く帰れるわけでもないので、結局仕事と家事に追われているのは変わらない(笑)

で、気がつけば金曜じゃないですかー!

こちらは月曜が祝日で、ロング・ウィークエンド~!
色々予定が入っていますけどね…

義妹の結婚式が終わるまでは、ゆっくりできそうもない…

でも、このアナベルとブラックレースのように、気持ちだけでも落ち着けるようにしますかね(笑)

July30_ (24)

ブラックレースは今年はたっくさん咲きましたが、そのあと結構がっつり剪定してしまったので、実はついていても、多分背の高いところにあるのだろうな…

いつも何もできていませんが…

西洋ニワトコ、風邪とかにも効くらしいですね~。

July30_ (22)

アナベルはまだ白いお花をつけている子もいれば↑

July30_ (23)

もう緑になってきた子も。
でもだいたいはもう緑になってきました。

July30_ (21)

そんなアナベル越しのレイズドベッド。

こうやって見ると、アナベルの花の白と緑の感じが少しはわかるかと思います。

この写真ではまだシレネ・コロナリアも結構咲いていますが、今はもうかなり終わってきました。
そろそろ花がらつみしなくちゃー。

この角度からのレイズドベッドの写真はあまり載せていないかな??


July30_ (38)

コレオプシスのスターライト。

咲いている時期によって色が変わりますが、この色の時が一番好き。

July30_ (39)

この子は花がら摘みしなくてもどんどん咲くという謳い文句でしたが、実際よく咲いてます~。

もうちょっと高さがあったらいいんだけどなー。
実際はこのシリーズでもっと背の高くなるのもあるようなのですが…
うちの近くのテンポラリーのガーデンセンターではドワーフ性のしか扱っていなかったのでね…


July30_ (9)

アンミ、咲き始めは弱々しかったですが、ゆーっくりとアンミらしい形に咲き進んでいっています。

でもやっぱりあんまり大きくはなってないなあ。


July30_ (8)

返り咲きするドワーフ・ライラック、実際返り咲いています。

この子も放っておくとものすごい伸びるので、毎年何度かトリミングしています。
なので返り咲くのはカットしていない上の方のみ。


July30_ (42)

アナベルが緑になり始める頃、ノリウツギのライムライトが綺麗に咲きだします。

July30_ (43)

冬の間はひょろっひょろの枝で、貧相に見えるのに、今やこんな風に緑の一面に変わります。

アナベルと違って、雨が降ってもお花がお辞儀したりしないから優秀。
そしてアナベルよりぐぐーん!と伸びたりもしないかな?

とはいえ、これで一苗なので結構大きくなってますね。

***

では皆さま、よい週末を~!


7月最終週の庭 4

July30_ (17)

エキナセアが咲いて、クレマチス・ウォールとのこのお馴染みのコンビがまた見れる季節になりました。

July30_ (4)

エキナセア、咲き始めるちょっと前くらい?にわっさわさに繁っていた西洋ニワトコのブラックレースを小道が通れるくらいにカットしたので、だからか、それまでは半日陰っぽくなっていたこのエキナセア・パッチも日当りがよくなって嬉しそう(笑)

July30_ (18)

こぼれ種でいろんなところから出て来ているのですが、すっと伸びた姿は結構フォトジェニックなんですよね。

July30_ (20)

オーナメンタル・グラスと一緒にメドウというよりはプレイリーっぽいかな?

July30_ (41)

エキナセアも虫さんに大人気の子ですが、やはりモナーク・バタフライが訪問してきていました。

たまに羽を開いたりして綺麗で、開いた状態の写真を撮りたかったのだけれど、しばらく待つも、撮れたのはこういうのばかりでしたー。


 July30_ (28)

アストランティア、スター・オブ・ビリオンが綺麗に咲いています。

この子、うちでは4苗?くらい植えてあって、他にもどうやらこぼれ種で増えている様子。

なので、ものによっては中心がこんな風にバーガンディ色になっている子もいれば…

July30_ (29)

赤みの少ない子もいて。
違いが面白い。


July30_ (30)

昔買った寄せ植えに入っていたネコヤナギ。
黒い穂の子なのですが、両性入っていないから、翌年からは花は咲いても穂はつかず(笑)

でも冬囲いも何もしないし、ずーっと植え替えすらしていないのにそれでも毎年しっかり育ってくれるタフな子。

夏もかなり水不足になっていると思うけれど、枯れないものね。

この子、お花が終わるとこんな風にダークブラウンになって、なかなかシックでカッコいいんですよ。

この写真ではその良さが伝わらないと思うのですが(笑)


July30_ (36)

この子もタフなセダム、スターダスト。

実はお花が咲く前のこういう状態の方が好き(笑)


July30_ (35)

この春、オンライン・ナーサリーでオーダーしたブルーベリーの苗。

小さな小さな苗でしたが、よく大きくなってる!

この子はコンテイナーでもOKという品種というので、コンテイナーに植えました。
そうすればお花が咲く頃、うちにもともとあるブルーベリーの隣に持って行けば、受粉してもっと実がなってくれるのではないか、と期待しているのですが…
どうなりますかね?


*******************

ランキングに参加しています。
よろしければ、下をクリックして下さい!

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村


7月最終週の庭 3

July27_ (38)

先週のバックヤードの庭はこんな感じ。

もともと庭作りを始めた頃は白と紫基調の落ち着いた庭にしたいと思っていたのだけれど、結局あれもこれも試したい、となって、思った以上にカラフルになってしまいました(笑)

でも、うちは基本、うちの庭であまり手をかけずともよく育ってくれるものしか育てないので、そういう意味では仕方ないのかも。

白と紫の子ばかりがよく育ってくれるとは限らないですからね~。

でもいろいろもりもり育ってくれたのは嬉しい。
ミニジャングルみたいになっていますが、基本水やりも自然任せだし、そう思えばまずまずじゃないかな?

July27_ (28)

抜群の存在感のユリ、コンカドール。

こちらでは月曜の夕方に雷雨で結構激しい雨がしばらく降っていたのですが、それでもびくともせず。

この写真だと真夏で暑そうに見えますが、実はトロント、先週まではまだそれほど暑くなく。
今週は30度まで上がって夏らしくなっていますけれどねー。

July30_ (7)

コンカドールってConca d'Orというスペルになるようですが、このd'Orって言うのを、植物の名前でよく見るよなあ、と思っていたんです。

ヘメロカリスで取ってもポピュラーなStella D'oro (De Oroと書く場合もあるようですが)もあるし、他にももっとあったと思うんですが…

どんな意味なんだろう、と調べてみたら、フランス語で「黄金の」というような意味があるようですね。

Stella D'oroは黄色いお花だし、この子も花びらの中心が黄色いティントがあるので納得。


July27_ (3)

買って植えつけたばかりのスカビオサ。

July27_ (4)

やっぱり可愛くてついまた写真を撮ってしまいます。

カットにしてもよく持ちそうだから、カットしてみるかな。

July27_ (5)

この蕾?もまん丸で可愛いんですよねー。


July30_ (19)

お隣さんとの小道の種からのアニュアル・ベッドとしてプチ開拓したエリアが、フィーヴァーフュー・パッチ化しています(笑)

可愛いからいいんだけれどね。
もうちょっと花茎の長さがあったらカットにできたのになー、と思うんですけれどねー。


July27_ (31)

そうそう、先週もシレネ・ラティフォリアの話をしましたが、今週もそれに関連したこの子を…

これも同じシレネなのですが、こちらはシレネ・ブルガリス(Silene vulgaris)。

インスタグラムのフォロワーさんがアメリカ、ペンシルバニアを訪問していて、そこでよく見かけたと言って写真を載せていたのがこの子。

「名前を忘れてしまったのだけれど」と言っていたので、「シレネですよー」とお返事した、そのちょっと後に、うちのフロントヤードの脇で咲いているのを発見(笑)

もちろん雑草としてです(笑)

July27_ (30)

お花はこんな感じでやっぱりシレネだなあ、と思いますよね?

ただこの子はお花の後ろにこういう小さな風船のような膨らみがあるのが特徴なので、他のシレネとの違いは一目瞭然。

日本では園芸種として育てられているようですが、こちらではコモンネームがブラダー・キャンピオンで、ブラダーとは膀胱という意味(笑)

まあ他にも「嚢」とか「膨らみ」という意味で使われなくもないようですが、英語でブラダーと言われたら、皆まずは膀胱だと思うはず。

なので名前は可愛くないですが、雑草扱いされているからというのもあるのではないかな?

雑草だけれど、なかなか可愛いし、いろいろこういうのを調べるのも面白いですよね。

と言っていたら、他のフォロワーさんからも、「これはストリドーロではないのですか?」という質問があり…

調べるとほぼシレネ・ブルガリスと同じようなのですが、ストリドーロはアニュアルで(ブルガリスは宿根らしい)主にイタリア原産のものをそう呼ぶらしいのですが…

他にもSilene inflataと呼んだりもしているようで、同一種なのかそうでないのかは、ちょっと調べただけではわかりませんが…

ストリドーロは日本でも結構知られているのですか?
フォロワーさん曰く、お料理にも使われるそうで。

私が調べたところだと主にリゾットなどのイタリアンで使われて、他にもギリシャなんかでは食用とされるようなのですが、北米で食用として紹介されているサイトが少ない…

食べられるとは言っていますが、美味しいものではないのでしょうね。

と、おまけが長くなってしまった(笑)

******************

ランキングに参加しています。
よろしければ、下をクリックして下さい!

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

 

7月最終週の庭 2

ここから先はざーっと庭の様子を紹介。

July27_ (27)

ホスタ・アルボマルギナータの花も咲いて。
この子はお花も綺麗。
アレンジに結構使ってます。
すぐお花はポロポロ落ちちゃいますけど(笑)


July27_ (20)

フロントのリアトリスが咲き始め、にぎやかになってきました~。

この子、うちでよく増えるようなので、せっかくだからもっと増やすかな~?
球根掘りあげで分球してみようかしら?

July30_ (44)

リアトリスも虫さんたちに大人気のお花。
いつもは大体蜂さんですが、この日は何らかの蛾かなにかかな?がいたのでパチリ。


July27_ (26)

そしてうちでは一番よく見かけるバンブルビーことマルハナバチ。
止まっているのはファセリアのお花です。


July27_ (11-2)

今年はアーバーのてっぺんまでよく植物が覆っています。

ハニーサックルはやっぱり下の方では咲かず、見えにくいお日様の当たる方で咲いてるね…

これはバックドア―から撮ったので見えていますけれどね。

July27_ (11)

うちではお花が綺麗に咲いているのは短くて、結構すぐに咲き進んでいってしまう感じ。


July27_ (10)

これね、最初見かけたときは、種蒔きしたモナルダか!?と思ったんですよ。
ちょうど種蒔きした付近で見かけたので。

モナルダがどういうお花かは知っていますが、咲き始めがどうなのかとかは知らないので、もしかして、これから咲き進むとあの形になるのか??と思っていたのですけれど。

July30_ (15)

でも結局数日たってもこれ↑

調べるとこれはどうやらセルフヒール(prunella vulgaris)と呼ばれるハーブの一種のようですね。

こちらでは雑草として生えてきているのですが(笑)

種と地下茎で増えるということで、結構広がるらしいので、せっかくだけど引っこ抜いてしまいましたけれどね…


July27_ (14)

今年植えたエリンジウムのブルー・ホビット、そろそろ色が抜け始めてきました。

背は低いけれど(だからホビットなのよね)たくさん咲いてくれたので、来年に期待。

July30_ (37)

で、こっちは種からのエリンジウム、ブルー・グリッター。

去年はすごくよく咲いてくれたのだけれど、今年は蕾ができてから移植してしまったからか、またはもともと日当たりもあまりよくなかったからか、貧相…

それでも今年も出て来てくれただけでもいいかな?

来年はしっかりバウンスバックしてくれるかしら?


July27_ (25)

ジニア、一番乗りは赤い派手な色の子でしたが、二番目に咲いた子はこんな優しい色の子。

July30_ (14)

今年はファセリアとの競争に勝てず、発芽が少ないのですが、やっぱり可愛いな~。


July27_ (33-1)

こぼれ種からのコーンポピーもまた咲いています。
やっぱりこの子は良く咲きますねー。


July27_ (7)

うちでは珍しくデイヴィッド・オースティン・ローズらしい形でアブラハム・ダービーが咲いていたのでパチリ(笑)


July30_ (11)

桔梗も綺麗に咲いていますよー。今年は枝のいくつかが黄色くなってしまったりしてるのがちょっと心配ですが…

******************


ランキングに参加しています。
よろしければ、下をクリックして下さい!

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
Clock

Toronto

最新コメント
Message
Instagram
Instagram
free counters
  • ライブドアブログ