Toronto News Letter

カナダからその生活の様子、趣味の音楽や映画についてを発信。 2011年に念願の家を購入してからはガーデニングに没頭しています!

Kung Fu Hustle

月曜です。
今週はどうなることやら・・・。
今週から2週間相方がバケーションなので何かあっても助けてもらうことができません・・・。
ま、大丈夫だとは思いますが。

みなさんは夏休み中かな??
どんな休暇を過ごしているのでしょうか。

日本は暑いようですが、トロントはここ最近30度以下で過ごしやすいです。

週末はちょっと雨っぽかったので、普通に買い物に出かけたくらいで
特別なことはしませんでしたが、映画を借りてみました。

前から気になっていたスティーブン・チャウ(チャウ・シンチー)の新作「カンフー・ハッスル」

前作「少林サッカー」がすごい面白く、気に入ったので本当は劇場で見たかったのですが、
時期を逃してしまいました。
しかし!今はすぐDVDになる便利な時代。

そういうことで借りてまいりました。

今回は非道なギャングメンバーになることを夢見るチンピラっていうのがチャウ・シンチーの役どころ。

途中まで「あれ、今回は彼が主人公ではないの??」って思ってしまうくらい
他のキャラのあくが強く、出番も多いです。

このキャラたちがまたいいんですねえ。
少林サッカーほどのあくの強さはないけれど、やっぱりやってくれます、チャウ・シンチー。

強くてかっこよいキャラたちがかっこいい兄さんとかではなく、
ふつうのおっちゃんとかだったりするのね。

特に印象に残ったのは大家さんのおばさん。
いつもタバコを吹かし、頭にはカーラーが。
でも実はいい人で、すごい格闘家だったりするんですね。

このおばちゃんには注目です。

で、後半はチャウ・シンチーの本領発揮となるのですが、
今回はイメージ(映像、デザイン)なんかにもこっていて楽しめます。
でも見た感じでは少林サッカーよりマーシャル・アーツもちょっと少なめで、
コメディ要素も減った感じ。

だから私としては「少林サッカー」のほうがいまだに好きですが・・・。
でも、これも面白いです。

今回はある意味マイルドな感じになった気もするので(前はちょっとグロイくらいに面白かったですが)、人によってはこっちのほうが好きというかもしれません。

ということでもう少し書きたいところですが、9時です。
仕事です。

ではみなさんよいヴァケーションを。

ころ君

koro2.bmp


ころ君です。
姉がケータイから送ってくれました。
いつみてもかわいい。

最近ストレスたまっているのでやっぱり癒されますねー。

動物ってほんとうにいいですねー。

実家では犬を飼っていたので、こっちに来てやっぱり寂しい。
ペット飼いたい・・・。
今住んでるアパートがペット禁止なので無理だけど、そのうち、ね。

こっちでも日本のTV番組をビデオ貸し出しで見れるんですが、
「天才しむら動物園」(志村けんさんの)のチンパンジー、パン君がすっごいかわいいです。

あまりに人気者でいろいろ波紋も出てきているようですが・・・。

あー、ころ君に会いたくなったなあ・・・。

ということで今日も仕事です。

Pioneer Village

3a3b88cf.jpg


パイオニア、なんて日本語で言うと、スペシャリスト、みたいな、なんかすごい人のことのように思うかもしれませんが、開拓者とか、先駆者とかと言う意味です。

で、このパイオニア・ヴィレッジ(Black Creek Pioneer Village、トロントの北西にあります)
というのは昔の人々の暮らしぶりを再現した、日本でいえば日光江戸村みたいな感じ?
や、あれほどのエンターテイメント性はないですが、いい意味で忠実。

というのも、訪問者は昔の建物に入っていって中を見るとか、中でいろんな作業をしてる人と話す、というもので、アトラクションではないから。

でもここの人はみんな昔の服装で、裁縫してるおばあちゃんとか、昔ながらのかまどでパンを焼く女性とか、ほうきをつくるおじいちゃん、などなど、みんな本当にそうやって働いてるのです。

2f18a271.jpg


建物は1800年代の当時のものを移築したものが多いです。
でもいくつかはそのままの場所にあるようです。

トロントのダウンタウンからもそれほど遠くはないけれど、静かでゆったりとした時間が流れています。
少人数のバンドが園内を回っていたりして、それが部屋の外から流れてくるのを聞くのもなかなか乙なものです。

昔の人はこうして静かな日常を過ごしていたんだなあ、と思いをはせ、忙しい現在の自分の生活についてもちょっと考えてみたり・・・。

あと思ったのは、せまいし、くらいんだけど、すごく居心地よさそうな部屋がたくさんあったということ。
私はカントリー風のインテリアとか好きではないんだけど、でもなんだかすごく落ち着いた感じで、やっぱり実際昔の人が使っていたからなのか、当時の人々のおだやな暮らしぶりがよく伝わってきました。

「大草原の小さな家」(昔好きでこのシリーズ、よく読んでいたの)を思い起こさせる所でした。

おかげでゆったりとしたいい週末のひと時を過ごすことができました。

大人11ドルだったかな?
駐車場は6ドルです。

くわしくはウェブサイト
http://www.trca.on.ca/parks_and_culture/places_to_visit/black_creek/

をどうぞ。

f9dea34c.jpg

仕事

ということで月曜です。

今週は忙しくなりそうです。
ずーっと暇で、他の人の仕事を手伝っていたのですが、
ようやく本来の役割の仕事がやってきました!

イン・デザインというアドビのソフトウェアをつかってアンケート用紙の作成です。
しかし、今回私はちょっと緊張している。
というのは今月3つは新しいアンケートの作成がある。
でも今月末相方のロブが夏休みで2週間会社に来ないんですねえ。

すでに先週末にひとつ仕事をはじめたのですが、
アンケートを0から自分で作るのはこれが初めて。
なので、「これでいいのか?」という不安があります。
ちょっと直す、というのなら問題ないのですが、やはり0からっていうのは難しい。

でもこれがいい機会になるでしょう。
ロブが他の仕事を探しているのも知っているし、いつかは自分ひとりでできるようにならなければいけないんだし。
とりあえず彼が休暇に出る前に知るべきことは学んでおかなければ。

週末は出かけたのですが、その写真の準備がまだできていないので、
出来次第報告します。

ではみなさん、今週も頑張りましょう!

やっぱりクラシックソウルに惹かれる私

もうひとつ買ったCDについて。

サンドラ・ブルック主演の映画「デンジャラス・ビューティー2」(邦題。オリジナルはミス・コンジニアリティ2)のサントラ。

いまどきのポップスからちょっと昔の曲までいろいろつめこまれております。
はじめの1曲めEsthero(エステロっていうのかな?)のWicked Little Girlって曲なんですが、
タイトルどおりの小悪魔的さがかわいらしいです。
ちょっと調べてみたらエステロというボーカルの女性は黒人ではなく、白人、
しかもカナダ人でありました。

ほかにもピンクなんかの曲もはいってます。
ポール・アンカなんかも入ってる・・・。

よかったのはステイプル・シンガーズのI'll take you thereという曲。
やっぱりクラシックソウルのよさに惹かれる、私なのでした・・・。

みなさんは何か最近お気に入りの曲とはアーティストっていますか??
この夏一番!というお勧めがあればぜひ教えてください。

ではでは、金曜です。
皆さんよい週末を。

Good music

先週末、CDを買いました。
久しぶりのジャケ買い。

Divine Brown。
見た目で私の好きそうなアコースティックソウルっぽそうだし、値段も安かった(10ドルくらい)
だったので、ゲット。

これがかっこいいんだ!
ネオクラシックな感じもあり、ジャズっぽくもあり、買って大正解。

あ、ちなみに黒人女性です、ボーカルは。
まだ時間があまりなくてじっくり聴いてはいないんだけど、第一印象ではすごくいい感じ。

昔はよくジャケ買いをしたもので、もちろん失敗したことも多い。
が、ジャケ買いも続けていると失敗しなくなるものです。
ま、R&Bとかはどれもみんな歌のうまい人ばかりだからそれほどはずれることはないけれど、
やっぱりジャンル的に合わないものとかってあるしね。

もうひとつあるのだが、それはまた明日にでも。

最新ころ君写真

自分の写真を載せるのもなんなので、代わりにうちの愛犬ころ王子の最新写真を。

姉が携帯でとって送ってくれたものです。
ころ王子は毎日暑いのでかなりぐーたらしていて(暑くなくてもぐーたらしているが)
エアコン特等席を独占しているらしい。
そしてこうやって気持ちよーく寝ているとか。
・・・うらやましい。犬になりたい・・・。

記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
Clock

Toronto

最新コメント
Message
Instagram
Instagram
free counters
  • ライブドアブログ